バルテリ・ボッタス 「今ならF1引退したロズベルグの気持ちが理解できる」
バルテリ・ボッタスは、メルセデスF1でルイス・ハミルトンと一緒にレースをしたことで、ニコ・ロズベルグがF1から電撃引退した気持ちが理解できると語る。

メルセデスF1は2010年にメーカーとしてF1に復帰し、ニコ・ロズベルグは、F1復帰した7回のF1ワールドチャンピオンであるミハエル・シューマッハとともにドライバーに抜擢された。

2012年の終わりにミハエル・シューマッハは2度目で最後のF1引退を果たし、ルイス・ハミルトンがメルセデスF1に加わるための扉を開いた。そして、メルセデスF1はパワーユニット時代に投入した2014年にF1の頂点に駆け上がっていた。

それは、ルイス・ハミルトンとニコ・ロズベルグの間に、2014年、2015年、2016年のドライバーズタイトルを巡る大きな競争と緊張が生み出した。

2014年と2015年のタイトルはルイス・ハミルトンが制したが、2016年にF1アブダビGPの最終レースでF1ワールドチャンピオンになったのはニコ・ロズベルグだった。そして、数日後、ニコ・ロズベルグはF1から引退することを発表した。

ニコ・ロズベルグは、ルイス・ハミルトンを倒すことができるレベルに到達するために、精神的および肉体的に彼に与えた大きな負担について語っている。

そして、ニコ・ロズベルグの離脱が決定したことで、バルテリ・ボッタスは2017年にメルセデスF1に加入。メルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルフは、チーム内でハミルトン/ロズベルグのライバル関係を再び起こさせないことを誓った。


ウィリアムズF1から移籍したバルテリ・ボッタスは、ニコ・ロズベルグのF1引退に戸惑っていたが、メルセデスF1での5シーズンでドライバーズチャンピオンシップでルイス・ハミルトンに挑戦することができなかった後、ニコ・ロズベルグの決定を完全に理解していると語る。

「当時、お互いに本当に激しく戦った2人のドライバーがいた。 それは少し政治的でさえあった」とバルテリ・ボッタスは Iltalehti に語った。

「メルセデスに来たとき、なぜニコが辞めたのか疑問に思った。でも、今は彼と自分を重ね合わせることができる。経験から、それは簡単ではないと言える」

2021年の終わりに、バルテリ・ボッタスはメルセデスから移籍し、ジョージ・ラッセルがメルセデスF1でルイス・ハミルトンのパートナーになった。メルセデスF1の育成ドライバーであるラッセルは、ウィリアムズF1での印象的な3年間の後、メインシートに昇格した。

奇しくも、ニコ・ロズベルグ、バルテリ・ボッタス、ジョージ・ラッセルは3人ともウィリアムズからメルセデスF1へ移籍することになる。

一方、バルテリ・ボッタスは、アルファロメオF1に移籍し、ついに複数年契約を掴み取った。2022年には、2021年のF2をランキング3位で終えた中国人ドライバーの周冠宇とチームを組む。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / バルテリ・ボッタス / ニコ・ロズベルグ / メルセデス