メルセデスF1のバルテリ・ボッタス 「好感触がシャシー交換の効果かどうかは分からない」 / F1フランスGP 金曜フリー走行
メルセデスF1のバルテリ・ボッタスは、ポール・リカールでW12をより快適に感じられていることが、ルイス・ハミルトンとシャシーを交換した効果であるかどうか“言うのは難しい”と語る。

バルテリ・ボッタスは、F1フランスGPの金曜フリー走行のFP1でトップタイムをマーク。FP2ではペースセッターのマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)からわずか0.008秒差の2番手につけた。

2週間前のF1アゼルバイジャンGPで週末を通して苦戦を強いられたバルテリ・ボッタスは、予選10番手、決勝12位と低迷し、その結果、ドライバーズランキングで6位に転宅した。

ポール・リカールでの力強い走りは、メルセデスが今シーズンで計画していたローテーションの一環としてバルテリ・ボッタスとルイス・ハミルトンのシャシーを入れ替えたことが明らかにされた後に披露された。

2回目のプラクティスの後、バルテリ・ボッタスは最近よりもマシンへの信頼を感じていると語ったが、それがシャシーの変更によるものなのか、ポール・リカールのコンディションによるものなのかは分からないと語った。

「シャシーや路面のコンディションを判断するのは難しいけど、2週間前よりもはるかに良い感じだ。それは確かだ」とバルテリ・ボッタスは語った。

「週末は初めからうまくいっている感じている。すべてが順調に進んでいると感じている。これまでのところ、マシンは快適でかなり速い」

「トラックは違うけど、バランスが良く、タイヤもしっかり機能していて、自信もある。信頼できるし、それが最大の違いだと思う」

チームメイトのルイス・ハミルトンはフリー走2回目をバルテリ・ボッタスから0.2秒遅れの3番目で終えたが、マシンのフィーリングはモナコとバクーと「それほど変わらない」と語った。

「モナコやバクーとはポジションがかなり違うけど、今週末はかなり苦戦していると思う」とルイス・ハミルトンは語った。

「それが路面なのか、気温なのか、それとも、これらの膨らんだタイヤのせいなのかは分からない。タイヤの圧力はこれまでになく高いし、最も高いもののひとつだ」

「言うのは難しいと思う。僕たち全員がすべり回っている。そして、誰もが苦労していると思う」

しかし、ルイス・ハミルトンは、シャシー交換が彼の苦戦に何らかの役割を果たしているとは考えていない。マシンにはそれほど違和感はなく、シャシー間のパフォーマンスの変動は“非常にまれ”にしか起こらなかったと語った。

メルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルフは、シャシーの交換は2台のマシンの部品の走行距離を管理するための“計画の一”」であり、ドライバーの助けになる場合は常に新しいものを使用できると説明した。

「フィードバックを得るのは良いことだ」とトト・ヴォルフは語った。「それがドライバーの心を落ち着かせるなら、我々には真新しい予備のシャシーがあるし、いつでもそれに変えることができる」

ルイス・ハミルトンがフランスで使用しているシャシーについて何か違うと感じている部分はないかと質問されたトト・ヴォルフは「モナコで素晴らしかったシャシーだ。バルテリは上位にいた。しかし、決して分からない」とコメント。

「エンジニアの話を聞いたが、すべてテスト済みだと言ってるし、違いはないはずだ」

「だが、ドライバーがそうではないと感じた場合、ここでそれを主張する価値はないので、変更する必要がある」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / バルテリ・ボッタス / メルセデス / F1フランスGP