F1 ジュール・ビアンキ
ジュール・ビアンキがこの世を去ってから4年が経過。F1は彼の死を決して無駄にはしていない。

フェラーリの将来を有望視されていたジュール・ビアンキだったが、ウェットレースとなった2014年のF1日本GPの決勝でコースアウトし、作業していた重機と衝突。重い脳外傷を負ったジュールビアンキは翌年7月17日に25歳の若さでこの世を去った。

ジュール・ビアンキは、現在のシャルル・ルクレールがそうしているように、フェラーリの将来を担うドライバーとして期待されていた。しかし、彼のF1キャリアは34戦というあまりに短く幕を閉じることになった

ジュール・ビアンキの事故の調査は、バーチャルセーフティカーの導入、そして、コックピット保護デバイス『ヘイロー(Halo)』の採用など、F1に安全性の向上をもたらした。

ジュール・ビアンキが使用していたカーナンバー17は、F1の永久欠番となっており、ビアンキというドライバーはこれからも忘れられることはない。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ジュール・ビアンキ