ルーベンス・バリチェロ シューマッハ
ルーベンス・バリチェロは、F1ハンガリーGPでのミハエル・シューマッハのえげつない幅寄せを非難した。

ルーベンス・バリチェロは、メインストレートでミハエル・シューマッハにオーバーテイクを仕掛けたが、シューマッハが右に幅寄せ。300km/hで走行中のバリチェロは、ピットウォールから数センチのところまで追いやられた。

両者は接触寸前となったが、バリチェロは芝生に逃れてクラッシュを避けた。

その後シューマッハを追い越して10位入賞を果たしたバリチェロだが、無線では「あれは失格にすべき」と話すなど、怒りをあらわにした。

「僕はたくさんの経験をしてきているし、いつもはそのようなクレイジーな奴とは離れるけど、今日は違った。完全にね」とバリチェロはレース後にコメント。

「僕がこれまでした最も美しい操縦のひとつだったと思うし、彼の最も恐ろしい動きのひとつだったね」

「3年間辞めて、そのあと戻ってきたけど、僕たちはそのようなことは必要としていないよ」

「僕が言っているのは、それは必要のないことだったということさ。セーフティカーが出たのは助けにはならなかったけど、素晴らしいレースだった。満足しているよ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ルーベンス・バリチェロ | ミハエル・シューマッハ