F1バーレーンGP
F1バーレーンGPの主催者は、2011年のレースはオリジナルレイアウトに戻すことを発表した。

2010年のF1バーレーンGPは、F1の60周年を記念して全長を5.412kmから6.299kmに延長した“耐久トラック”レイアウトで行われた。

しかし、2011年のレースは、2004年からグランプリを開催してきたオリジナルレイアウトで実施するとF1バーレーンGPの主催者は発表した。

「今回のマイルストーンを記録するために我々が実施した主要なタスクのひとつは、バーレーンGPに参加しているチームにまったく新しいチャレンジを与えるためにFIAが承認したトラックレイアウトに変更を施すことだった」とバーレーン・インターナショナル・サーキットのシェイク・サルマン・ビン・ハマド・アル・カリーファは述べた。

「実行するための時間枠によって大変なタスクであったが、レースプロモーターとして、自覚を強め、F1のスポーツに関するプレゼンテーションレベルを向上させる絶えず計画的な変更に備えるというバーレーンの特性を示すことができた」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1バーレーンGP