F1バーレーンGPの2022年03月のF1情報を一覧表示します。

動画:ニコ・ヒュルケンベルグ、F1 バーレーンGP緊急代役参戦の舞台裏

2022年3月24日
動画:ニコ・ヒュルケンベルグ、F1 バーレーンGP緊急代役参戦の舞台裏 / アストンマーティンF1チーム
アストンマーティンF1チームが、2022年F1開幕戦バーレーングランプリの舞台裏を動画で公開。ニコ・ヒュルケンベルグの緊急招集を含め、彼らが直面した課題についての洞察を提供した。

アストンマーティンF1チームは、バーレーングランプリでいくつかの課題に直面した。その最たるものが土壇場でのドライバー後退だ。木曜日にセバスチャン・ベッテルが新型コロナウイルスの検査で陽性だったことが発表され、リザーブドライバーを務めるニコ・ヒュルケンベルグが代役として呼ばれた。

レッドブル・レーシング 「燃料システムが真空になって供給が不足した」

2022年3月24日
レッドブル・レーシング 「燃料システムが真空になって供給が不足した」 / F1バーレーンGP決勝
レッドブル・レーシングのモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、多くの憶測を生んだ2022年F1開幕戦バーレーングランプリ終了間際のマックス・フェルスタッペンとセルジオ・ペレスのリタイアの原因について説明した。

エンジントラブルに見舞われたマックス・フェルスタッペンは、ゆっくりとパワーを失ってコース上でほぼストップしそうになりながら惰性でピットに戻った。一方、チームメイトのセルジオ・ペレスはレースのファイナルラップでスピンしてエンジンが停止した。

レッドブルF1首脳、戦略ミスを認める「アンダーカットの威力を過少評価」

2022年3月24日
レッドブルF1首脳、戦略ミスを認める「アンダーカットの威力を過少評価」 / F1バーレーンGP決勝
レッドブル・レーシングのモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムートマルコは、2022年F1開幕戦バーレーングランプリでチームがピットストップでのアンダーカットの威力を過小評価していたことを認めた。

マックス・フェルスタッペンは、コース上でシャルル・ルクレールを追い抜く機会がなかったため、先にピットインして前に出ることを狙ったが、アウトラップで“ジェントル”に走るように指示されてアンダーカットを成功することができず、フラストレーションを爆発させた。

2022年 F1バーレーンGP 決勝:タイヤ戦略解説

2022年3月24日
2022年 F1バーレーンGP 決勝:タイヤ戦略解説
2022年 F1開幕戦バーレーングランプリ 決勝でのタイヤ戦略をF1公式タイヤサプライヤーのピレリが解説した。

ポールポジションからスタートしたフェラーリのシャルル・ルクレールが、バーレーングランプリを制し、チームをワン・ツーフィニッシュへと導いた。 最初の2スティントをC3コンパウンドのP Zeroレッド・ソフトで走行したルクレールは、C2コンパウンドのP Zeroイエロー・ミディアムへ繋ぎ、残り11周時点のセーフティーカー導入周回中に再度ソフトへ交換してファイナルスティントを走行した。

シャルル・ルクレール、最終ラップでドッキリ『エンジンの何かがおかしい』

2022年3月23日
シャルル・ルクレール、最終ラップでドッキリ『エンジンの何かがおかしい』  / フェラーリ F1バーレーンGP決勝
スクーデリア・フェラーリのシャルル・ルクレールは、2022年F1開幕戦バーレーングランプリの最終ラップでエンジニアに“心臓発作”級のドッキリを仕掛けたことを赤井らかにした。

シャルル・ルクレールは、バーレーングランプリでスクーデリア・フェラーリをウィナーズサークスに戻した。レース全体にわたって、終盤にエンジントラブルでリタイアした現役F1ワールドチャンピオンのマックス・フェルスタッペンからの強力な挑戦を跳ねのけた。

レッドブル・レーシング、“ガス欠”でダブルリタイアの噂を否定

2022年3月23日
レッドブル・レーシング、“ガス欠”でダブルリタイアの噂を否定 / F1バーレーンGP決勝
レッドブル・レーシングは、2022年F1開幕戦バーレーングランプリでマックス・フェルスタッペンとセルジオ・ペレスが燃料を使い果たしたという噂を拒否した。

マックス・フェルスタッペンが、ステアリングとバッテリーの問題を訴え始めるまで、二人はバーレーンのレース終盤で2位と4位を走行していた。レッドブル・レシングは、両方の車のDNFを引き起こしたのは燃料システムの問題であると語っている。

2022年 F1バーレーンGP決勝:ドライバーコメント(11位~DNF)

2022年3月22日
2022年 F1バーレーンGP決勝:ドライバーコメント(11位~DNF)
2022年F1開幕戦バーレーングランプリで入賞を逃したドライバーのコメント。

新世代のF1マシンでの初レースは、グラウンドエフェクトカーの追従能力が示されたが、新しいタイヤの知識の不足とブレーキに厳しいバーレーン・インターナショナル・サーキットの特性によってオーバーテイクは難しい週末となった。また、レース終盤にホンダ(現レッドブル)のエンジンを搭載する3台がリタイアするという波乱の展開となった。

ジョージ・ラッセル 「ハースF1にかなりのペースアドバンテージがあった」

2022年3月22日
ジョージ・ラッセル 「ハースF1にかなりのペースアドバンテージがあった」 / メルセデスF1 バーレーンGP決勝
メルセデスF1のジョージ・ラッセルは、2022年F1開幕戦バーレーングランプリで9番手からスタートして4位まで挽回を果たしたが、オーバーテイクしたのはハースF1チームのケビン・マグヌッセン1台だけだった。

そして、それは簡単なタスクではなかった。ジョージ・ラッセルは、ハースF1チームのマシンには「かなりのペースのアドバンテージがあった」と語る。

アルファロメオF1代表、躍進は“フェラーリエンジンのおかげ”に不快感

2022年3月22日
アルファロメオF1代表、躍進は“フェラーリエンジンのおかげ”に不快感
アルアロメオF1チームのフレデリック・ヴァスールは、2022年F1開幕戦バーレーングランプリでのダブル入賞がフェラーリのF1エンジンのおかげだという見方にあまり感銘を受けていない。

昨シーズンはコンストラクターズ選手権9位と苦しんだアルファロメオF1チームだが、新世代F1マシンと新しいドライバーラインナップでの初陣となったバーレーンでは、バルテリ・ボッタスが6位とルーキーの周冠宇が10位に入り、9ポイントを獲得した。
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 11 | 12 | 13 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム