レッドブル・レーシング 「燃料システムが真空になって供給が不足した」 / F1バーレーンGP決勝
レッドブル・レーシングのモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、多くの憶測を生んだ2022年F1開幕戦バーレーングランプリ終了間際のマックス・フェルスタッペンとセルジオ・ペレスのリタイアの原因について説明した。

エンジントラブルに見舞われたマックス・フェルスタッペンは、ゆっくりとパワーを失ってコース上でほぼストップしそうになりながら惰性でピットに戻った。一方、チームメイトのセルジオ・ペレスはレースのファイナルラップでスピンしてエンジンが停止した。

レッドブル・レーシングは、マシンに十分な燃料がなかった可能性があったとの噂の否定に動いた。公式声明では問題はF1パワーユニット内の燃料ポンプに関連しているというものだった。燃料ポンプは標準パーツであり、イタリアのマレリ社が製造したものを全チームが使用している。

現在、ヘルムート・マルコは問題の性質についてさらに詳しく語った。

「簡単に言えば、燃料供給システムが真空になり、エンジンの燃料が不足した」とヘルムート・マルコはF1-Insiderに語った。

「今週末のサウジアラビアですでに問題を解決できると思う」

さらに、ヘルムート・マルコは、レースの終わりに到達するための十分な燃料がなかったという憶測を否定。

「正確な数値を示するつもりはないが、両方の車のタンクにはまだ十分なガソリンがあった」とヘルムート・マルコは付け加えた。

レッドブル・レーシングにとって、バーレーングランプリはノーポイントという最悪の結果となったが、ヘルムート・マrコは、次戦サウジアラビアグランプリで挽回できると確信している。

「基本的に、我々はバーレーンで十分に速かった」とヘルムート・マルコは説明した。

「決定的な瞬間に自分たとのポテンシャルを活かすことができなかった。サウジアラビアでは、フルスピードに戻って勝利を目指して戦えうだろう」

レッドブル・レーシング

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / F1バーレーンGP