レッドブルF1首脳、戦略ミスを認める「アンダーカットの威力を過少評価」 / F1バーレーンGP決勝
レッドブル・レーシングのモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムートマルコは、2022年F1開幕戦バーレーングランプリでチームがピットストップでのアンダーカットの威力を過小評価していたことを認めた。

マックス・フェルスタッペンは、コース上でシャルル・ルクレールを追い抜く機会がなかったため、先にピットインして前に出ることを狙ったが、アウトラップで“ジェントル”に走るように指示されてアンダーカットを成功することができず、フラストレーションを爆発させた。

マックス・フェルスタッペンの『いいか、アウトラップでちんたら走ったのはこれで2回目だ。余裕で前に出ることができた。二度とこんなことはやらない!』と怒りの無線メッセージはテレビフィードで放送された

レース終了間際にリタイアしたことで、マックス・フェルスタッペンのの怒りは重要ではなくなったが、後になってあらためて考えると、チームはレースのリードに奪えた可能性があることを認める。

「アンダーカットのメリットを過小評価していた。正直に言う必要がある」とヘルムート・マルコは認めた。

「マックスは、アウトラップ中に少し控えるように言われた。しかし、彼がルクレールの前に出ていたら、まったく別のストーリーだったかもしれない。それはすべて我々の戦略に関するものであり、マックスのせいではなかった」

マックス・フェルスタッペンのレースは、車が完全にオフになっってピットに惰性で戻った後、リタイアで終了した。

それまでの間にマックス・フェルスタッペンはステアリングの問題について不満を漏らし、レース後の会見でシャルル・ルクレールとの会話で「油圧ではなかったけど、旋回していなかった。まるでスタックしてしまったようだった。ハイスピードコーナーでかろうじて操縦できていた」と語った。

ステアリングの問題についてヘルムート・マルコは、何が起こったのかを正確に明らかにした。

「3回目のステップでジャッキに問題があった」とヘルムート・マルコは語った。

「地面に降ろすために車をリリースしたとき、ステアリングの何かが損傷した。」

マックス・フェルスタッペンは、レッドブル・レーシングの言葉を支持し、トラックポジションを優先することでより多くのチャンスが開かれた可能性があると付け加えた。また、新しいレッドブル・パワートレインズのエンジンが全体的にどのように機能したかによって引き続き励まされたと語った。

「戦略の面でもっとうまくやれたと思う」とマックス・フェルスタッペンはバーレーンの記者団に語った。

「少なくとも、あのアウトラップではもっとアグレッシブに行かなければならなかった。そうすれば僕たちは前にいただろう。何が起こったのかを見なければならない。少なくとも私たちのトップスピードはレース全体で良かった」

レッドブル・レーシング F1 2022年バーレーングランプリ

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / F1バーレーンGP / マックス・フェルスタッペン