ルカ・バドエル
ルカ・バドエルは、マッサの代役として参戦した2戦に対してのマスコミの否定的な報道が彼のシートを奪ったと主張している。

ルカ・バドエルは、ミハエル・シューマッハが負傷したフェリペ・マッサの代役としてのF1復帰を断念したあと、フェラーリでの10年に及ぶテストドライバーとのしての貢献を買われ、レースドライバーとしてF1復帰を果たした。

しかし、ヨーロッパGPとベルギーGPに出走したルカ・バドエルは、2戦連続で予選・決勝ともに最下位という不甲斐ない結果に終わり、フェラーリはイタリアGPからバドエルに代えてジャンカルロ・フィジケラをレースドライバーに起用することを発表した。

ルカ・バドエルは、マスコミの否定的な報道がなければ、再びチャンスが与えられただろうと語る。

「そのように書いた人たちは、彼らがどれくらい被害を引き起こしたのか理解していないんだ」とバドエルは語る。

「マスコミは、僕を交替させるという決定に重要な役割を果たしたんだ」

ルカ・バドエルは、もっと多くの時間を与えられれば、パドーマンスを改善することができたと確信したままでいる。それでも、彼はフェラーリでのF1ドライバーとしての時間を誇りに思っていると語る。

「僕は夢を実現した。僕は子供たちにフェラーリで2度レースを戦ったと話すことができる。マラネロは僕を信頼してくれていた。3戦目があればもっとうまくやれただろう。それだけが心残りだ」

「僕が何レースするかという合意はなかった。改善する時間があると思っていた。リザーブドライバーがテストできない規約があるなんてF1だけだよ」

だが、ルカ・バドエルは、フォース・インディアから移籍してきたジャンカルロ・フィジケラが自分よりもうまくやるだろうと認めている。

「ジャンカルロは速いドライバーだ。彼はフェラーリでドライブするという彼の夢を叶えたとの、彼のことを思えば幸せに思う。彼はF1で何年もレースをしているし、2009年マシンを良く知っているので、僕よりもうまくやるだろう。彼は結果をすぐに目指すことができる」

フェラーリは、ジャンカルロ・フィジケラが2010年もリザーブドライバーとしてチームに残留することを発表したが、ルカ・バドエルは彼にもテストドライバーとのしての居場所があると考えている。

「残留したい。レースでは終わったけど、フェラーリとの関係は続いている」

関連:
ジャンカルロ・フィジケラ、フェラーリに合流 (最新画像)
ジャンカルロ・フィジケラ、2010年はフェラーリのリザーブドライバー
フェラーリ 「フィジケラの貢献に期待している」
フェラーリ、ジャンカルロ・フィジケラの獲得を正式発表

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ルカ・バドエル / フェラーリ