ルカ・バドエル
長年フェラーリのテストドライバーを務めてきたルカ・バドエルがフェラーリを離れたと Autosprint が報じている。

ルカ・バドエル(39)は、90年代後半からフェラーリでテストドライバーを務めており、同誌によるとフィオラノのトラックでのフェラーリF1マシンでの走行距離は13万キロ以上にのぼるという。

ルカ・バドエルは、昨年フェリペ・マッサが負傷した際に代役としてレースに出場したが、競争力不足によりかなりの批判を浴びた。

同誌によると、バレンシアのイベント中に2009年に3レースを戦ったF60でルカ・バドエルによる最後の走行が行われたという。

フェラーリは先月、ジュール・ビアンキ(21)を2011年のテストドライバーに起用することを発表している。

また、ジャンカルロ・フィジケラとマルク・ジェネもテストドライバーとして契約している。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ルカ・バドエル | フェラーリ