F1:アゼルバイジャンの新型コロナウイルスの状況は?
F1は、新型コロナウイルスの世界的な流行を受け、2020年のF1世界選手権の第7戦までの中止・延期を発表。現時点では6月7日のF1アゼルバイジャンGPが最短の開幕戦となるが、アゼルバイジャンも決して楽観的な状況ではない。

現時点でアゼルバイジャンの新型コロナウイルスの感染者数は34件、死亡者は1名と比較的抑えられている。アゼルバイジャンは旧ソ連の構成国で、アジアとヨーロッパにまたがるコーカサス山脈とカスピ海に囲まれている。

だが、アゼルバイジャン首相府は,アゼルバイジャンはイラン、ジョージア、トルコとの国境を封鎖しており、3月15日には各航空会社のバクー発着便を大幅に運航停止にすることを発表。陸路・空路ともに制限を設けている。

また、ヨーロッパ諸国と同じく、文化・スポーツを含む国内でのあらゆる大規模行事を延期。国内の映画館,美術館・博物館,劇場,娯楽施設,スポーツジムの営業を停止。国民に21時以降の外出は控えるよう通達している。

報道によると、6月7日にバクーでのストリートレースで開催されるF1アゼルバイジャンGPもすでに延期が協議されており、決して開催は楽観視できない状況となっている。

2020年 F1世界戦選手権 カレンダー
3月13日~15日:第1戦 オーストラリアGP(メルボルン) … 延期
3月20日~22日:第2戦 バーレーンGP(サキール) … 延期
4月3日~ 5日:第3戦 ベトナムGP(ハノイ) … 延期
4月17日~19日:第4戦 中国GP(上海) … 延期
5月1日~ 3日:第5戦 オランダGP(ザントフォールト) … 延期
5月8日~10日:第6戦 スペインGP(カタルーニャ) … 延期
5月21日~24日:第7戦 モナコGP(モナコ) … 中止
6月5日~ 7日:第8戦 アゼルバイジャンGP(バクー)
6月12日~14日:第9戦 カナダGP(モントリオール)
6月26日~28日:第10戦 フランスGP(ポールリカール)
7月3日~ 5日:第11戦 オーストリアGP(シュピールベルク)
7月17日~19日:第12戦 イギリスGP(シルバーストーン)
7月31日~8月2日:第13戦 ハンガリーGP(ブダペスト)
8月28日~30日:第14戦 ベルギーGP(スパ・フランコルシャン)
9月4日~ 6日:第15戦 イタリアGP(モンツァ)
9月18日~20日:第16戦 シンガポールGP(シンガポール)
9月25日~27日:第17戦 ロシアGP(ソチ)
10月9日~11日:第18戦 日本GP(鈴鹿)
10月23日~25日:第19戦 アメリカGP(オースティン)
10月30日~11月1日:第20戦 メキシコGP(メキシコ)
11月13日~15日:第21戦 ブラジルGP(サンパウロ)
11月27日~29日:第22戦 アブダビGP(ヤス・マリーナ)

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / F1アゼルバイジャンGP