アウディ、“マクラーレンを買収してF1参戦”説が再浮上
アウディが、マクラーレンのモータースポーツ部門と自動車部門を買収し、2026年からF1に参戦するという噂が再熱している。

昨年、アウディがマクラーレンを買収したというニュースが流れたが、少なくともマクラーレンはその報道を否定していた。しかし、新たな噂として、マクラーレンの主要株主の1社であるムムタラカット・ホールディングが、資金繰りに苦しむ自動車メーカーを売却すること検討しており、双方の弁護士が話し合っているとCar Magazineが報じた。

それと並行して、フォルクスワーゲン・グループのアウディとポルシェの2026年のF1参戦を決定的であり、フォルクスワーゲンの監査役会の承認を待つのみだと報じている。

アウディのマクラーレン買収により、エンジン、電化ソリューション、シャシー設計などの開発コストがすべて、ランボルギーニ、ポルシェ、マクラーレンと共有される可能性があり、それが実現すれば、フォルクスワーゲン・グループは驚くべき状況に置かれることになる。

各ブランドは、すでに多くの主要車種に3.8リッターまたは4.0リッターのツインターボV8を使用しており、アイデアを組み合わせて1つのユビキタスパワートレインを作成することは難しくなく、価値がある。ただし、リアエンジンのマクラーレン720Sやミッドエンジンのポルシェ911は独立して開発が続けられるという。

F1に運用については、アウディがマクラーレン、ポルシェはレッドブル・レーシングのエンジンサプライヤーを務めることになるという。レッドブル・レーシングは、2022年以降も撤退したホンダのF1エンジンを継続するが、2026年の新エンジン規則ではホンダとの関係は断たれると考えられている。

上記のパートナーシップが成立しなかった場合、アウディはウィリアムズ、ポルシェはアルファタウリもしくはハースとの提携がプランBだと報じられている。

アウディとポルシャのエンジンに関して、フォルクスワーゲンは2.0リッター4気筒エンジンを望んでいたが、FIA(国際自動車連盟)は、2026年に1.6リッター V6ターボエンジンを実行することを選択した。これはフェラーリがF1に留まるための前提条件だった。

アウディとポルシェは、エンジンの将来の研究開発で協力することが期待されているが、独自のセットアップと視覚的なアイデンティティを提供する。アウディはマクラーレンの市販車部門とF1ユニットに約13億ドル(約14800億円)で入札していると言われている。

メルセデスは、F1チームが年間約15億ドル(約1700億円)のメディア価値を生み出していると述べており、マクラーレンのF1ノウハウを獲得する価値はある。アウディはDTMとフォーミュラEから撤退したので、投資収益率は潜在的に健全に見える。

マクラーレン・オートモーティブに関しては、市販車部門を引き継いで、BMWのようなライバル、そして、中国の吉利の手に渡ることを阻止できる。

BMWは過去にマクラーレンに関心を示しており、12月初旬にマクラーレンの投資家と話し合ったと伝えられている。BMWがF1に復帰することは、それ自体のマーケティングにとっても素晴らしいことであり、優れたドライビングマシンを提供するという主張に実質を加えるだろう。

現時点では、アウディやBMWによるマクラーレンの買収は時期尚早だが、アウディとポルシェが2026年にF1参戦するのは間違いないようだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アウディ / マクラーレン