アストンマーティンF1、イギリスGPで“大規模なアップデート”を投入
アストンマーティンF1のチーム代表を務めるマイク・クラックは、ホームレースとなるシルバーストンでのF1イギリスGPに“実質的”なアップデートを投入することを確認した。

アストンマーティンF1は、シーズンの初めに走らせたオリジナルのAMR22から根本的に変更を施し、5月のF1スペインGPで「半分の新車」と呼ぶアップグレードを投入した。

レッドブル・レーシングの2022年F1マシンであるRB18と酷似した新しいAMR22は『グリーン・レッドブル』と呼ばれ、レッドブルは抗議したが、その後、取り下げている。

アストンマーティンF1は、実際にカナダのプラクティスでペースの改善を示したが、それは予選にはつながらなかった。2台揃ってQ1で敗退し、セバスチャン・ベッテルは混乱し、激怒した。

だが、ランス・ストロールはレースで最大のジャンプアップを果たし、ホームレースでポイントを獲得している。

マイク・クラックは今年の初めに、アストンマーティンF1が今シーズンのすべてのレースに何らかのアップグレードをもたらすことを目指していると述べたが、より大規模なものが今週末のシルバーストンにファクトリーから届けられる。

「我々は常にステップをもたらしてきたが、主要なステップは少し異なって管理されている」とマイク・クラックはThe Raceに語った。

「シルバーストーンについては、もう1つの大規模なアップデートが入る。だが、ほとんどのチームが投入すると思っている」

「したがって、誰がどれだけ効果的なものをもたらすかという問題でもある。しかし、我々は良い一歩を踏み出したと非常に自信を持っている」

「そして、次のステップも良いだろう。したがって、ターゲットは、その位置から開始できるように、このミッドフィールドの前に実際に到達する必要がある」

アストンマーティンF1は、最近のスピードの向上により、混戦となっているミッドフィールドの戦いに近づいた。マイク・クラックは、アップグレードによって、ペッキングオーダーをさらに上げることができるとし、現在の車の改善に引き続き注力すると付け加えまた。

「つまり、ミッドフィールドがどれだけタイトかを見なければならない」とマイク・クラックは語った。

「多くのポジションを作るのに大きな一歩は必要ない」

「これは過去とは少し異なっている。実際に自分のポジションが決まっていて、車の間には大きな違いがあった」

「ミッドフィールドグループの前に立つことができれば、そのために必要な0.2~0.3秒が不足している場合よりも、ポイントははるかに高くなる。『新しい2023年にマシンに目を向けている』とだけ言うことができないのもそのためだ」

「このグループの最前線に立つ必要がある。そうすれば、ポイントを争うのが簡単になる。我々がスタートした位置で1年を終えることができないからね」

イギリスグランプリ F1 アストンマーティン

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アストンマーティン