「アストンマーティンF1は恥ずかしい思いをしているはず」とと元F1ドライバーのラルフ・シューマッハ
アストンマーティンF1は、2021年に4回のF1ワールドチャンピオンのセバスチャン・ベッテルよりも“恥ずかしい”思いをしているはずだ。

それは、F1トルコGPで滑りやすい路面でセバスチャン・ベッテルのマシンにスリックタイヤを装着するという“恥ずかしい”決定についてコメントを求められた元F1ドライバーのラルフシューマッハの見解だ。

「チームは現時点でセバスチャンよりも恥ずかしい思いをしている可能性が高い」とラルフ・シューマッハは  Sky Deutschland に語った。

「シンプルにパッケージは正しい方向に進んでおらず、メルセデスと非常に緊密な協力関係にあるが、それ以上開発することはできないようだ」

「もちろん、彼らが多くの新たな社員を採用したという事実は、その一部である可能性がある」

ラルフ・シューマッハは、その採用活動はが最終的には中長期的に見返りをもたらす可能性があると認めるが、2021年の残りの6レースではそうではないと語る。

「ブダペストのような事故がない限り、セバスチャンがトップ10に入る頻度はあまりないと思う」とラルフ・シューマッハは語った。

「彼らは間違いなくマクラーレンとフェラーリの後ろにいる。アルファタウリでさえ先を行っているし、ベッテルにとって今年の終わりは厳しいものになるだろう」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アストンマーティン / ラルフ・シューマッハ