2021年04月のF1情報を一覧表示します。

【動画】 レッドブルF1のフェルスタッペン、マシントラブルでストップ

2021年4月16日
【動画】 レッドブルF1のフェルスタッペン、マシントラブルでストップ / F1エミリア・ロマーニャGP フリー走行2回目
レッドブル・ホンダF1のマックス・フェルスタッペンは、F1エミリア・ロマーニャGPのフリー走行2回目にマシントラブルに見舞われ、ロングランをできずにセッションを終えることになった。

、開始10分でレッドブル・ホンダF1のマックス・フェルスタッペンに駆動系のトラブルが発生。「後部で何かが壊れた…何かが壊れた」と無線で伝えたフェルスタッペンは、ギアをニュートルに入れて、コース脇にマシンを停めた。

F1エミリア・ロマーニャGP フリー走行2回目:メルセデスF1がワンツー

2021年4月16日
F1エミリア・ロマーニャGP フリー走行2回目:メルセデスF1がワンツー。アルファタウリ・ホンダF1のガスリーが3番手
2021年のF1世界選手権 第2戦 F1エミリア・ロマーニャGPのフリー走行2回目が行われ、バルテリ・ボッタス(メルセデス)がトップタイムを記録した。

午後の気温は13.3度、路面温度は25.8度と上昇。昨年よりもセッション時間が30分短縮されたこともあり、メルセデスF1を含めたトップチームも開始早々から走行を開始してタイムを出しに行く。

【速報】 F1エミリア・ロマーニャGP FP2 結果:フェルスタッペンにトラブル

2021年4月16日
【速報】 F1エミリア・ロマーニャGP FP2 結果:フェルスタッペンにトラブル。角田裕毅は7番手
F1エミリア・ロマーニャGP FP1の結果速報。2021年のF1世界選手権 第2戦 F1エミリア・ロマーニャGPのフリー走行1回目が行われ、バルテリ・ボッタス(メルセデス)がトップタイムを記録した。

ホンダF1勢は、マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)に開始10分でトラブルが発生。コース復帰できずにロングランを実施でき14番手。それ以外では、ピエール・ガスリー(アルファタウリ・ホンダ)が3番手、セルジオ・ペレス(レッドブル・ホンダ)6番手、角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)が7番手で最初のセッションを終えた。

2021年 F1エミリア・ロマーニャGP FP2:速報ツイート&Twitch配信

2021年4月16日
2021年 F1エミリア・ロマーニャGP FP2:速報ツイート&Twitch配信
2021年のF1世界選手権 第2戦 F1エミリア・ロマーニャGPのフリー走行2回目の速報ツイートとTwith配信。

フリー走行1回目では、セルジオ・ペレス(レッドブル・ホンダ)とエステバン・オコン(アルピーヌ)のクラッシュによって今年から60分に短縮されたセッションがさらに短くなった。したがって、各チームはFP2でプログラムを練り直す必要がある。

アルファタウリ・ホンダF1、角田裕毅のマシンに電気系トラブル発生

2021年4月16日
アルファタウリ・ホンダF1、角田裕毅のマシンに電気系トラブル発生 / F1エミリア・ロマーニャGP フリー走行1回目
アルファタウリ・ホンダF1のチーム代表フランツ・トストは、F1エミリア・ロマーニャGPのフリー走行1回目に角田裕毅のマシンに電気系トラブルが発生していたことを明らかにした。

角田裕毅は、ハードタイヤで走行していたセッション序盤にスピンを喫してガレージへと戻った後、なかなか走行を開始することができず、赤旗中断もあって残り5分でコースに出たものの、全ドライバーで最少の11周の走行に留まり、タイムシートの最下位で1回目のセッションを終えた。

セルジオ・ペレスとエステバン・オコンの接触は事情聴取の末お咎めなし

2021年4月16日
セルジオ・ペレスとエステバン・オコンの接触は事情聴取の末お咎めなし / F1エミリア・ロマーニャGP フリー走行1回目
F1エミリア・ロマーニャGPのスチュワードは、フリー走行1回目に接触事故を起こしたセルジオ・ペレス(レッドブル・ホンダ)とエステバン・オコン(アルピーヌ)から事情聴取し、お咎めなしで収束させた。

セッションの残り約20分、セルジオ・ペレスのレッドブルRB16Bは、ヴィルヌーヴ・シケインの出口で左リアタイヤがパンクしてストップしている状態で国際映像に映し出された。その先にはエステバン・オコンのアルピーヌA521がコース脇でストップしており、両マシンを撤去するために赤旗中断となった。

【動画】 レッドブル・ホンダF1のセルジオ・ペレス、不可解なクラッシュ

2021年4月16日
【動画】 レッドブル・ホンダF1のセルジオ・ペレス、不可解なクラッシュ / F1エミリア・ロマーニャGP フリー走行1回目
レッドブル・ホンダF1のセルジオ・ペレスは、F1エミリア・ロマーニャGPのフリー走行で不可解なクラッシュを喫した。

順調に走行を重ねていたセルジオ・ペレスだったが、残り22分でヴィルヌーヴ・シケインでスピンしている映像が流れた。左リアタイヤはホイールがつぶれており、スピンしたときにはパーツが飛び散っている。

F1エミリア・ロマーニャGP フリー走行1回目:ボッタスとハミルトンがワンツー

2021年4月16日
F1エミリア・ロマーニャGP フリー走行1回目:ボッタスとハミルトンがワンツー。レッドブルF1のフェルスタッペンが0.058秒の僅差で3番手
2021年のF1世界選手権 第2戦 F1エミリア・ロマーニャGPのフリー走行1回目が4月16日(金)にイモラ・サーキットで行われ、バルテリ・ボッタス(メルセデス)がトップタイムを記録した。

開幕戦から3週間のインターバルを置いて開催される第2戦。空力ルール変更による影響が取り沙汰されている2021年F1マシンだが、その期間のなかで特に苦戦していたメルセデスF1がどこまで対策を施してきたかが注目のポイントとなる。

【速報】 F1エミリア・ロマーニャGP FP1 結果:フェルスタッペン3番手

2021年4月16日
【速報】 F1エミリア・ロマーニャGP FP1 結果:フェルスタッペン3番手。角田裕毅は20番手
F1エミリア・ロマーニャGP FP1の結果速報。2021年のF1世界選手権 第2戦 F1エミリア・ロマーニャGPのフリー走行1回目が行われ、バルテリ・ボッタス(メルセデス)がトップタイムを記録した。

ホンダF1勢は、マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)は3番手、ピエール・ガスリー(アルファタウリ・ホンダ)が5番手、セルジオ・ペレス(レッドブル・ホンダ)16番手、角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)が20番手で最初のセッションを終えた。ペレスはセッション中盤でマシン故障によってストップして赤旗中断の原因となった。
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 23 | 24 | 25 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム