ピエール・ガスリー 「レッドブルF1に意志がないなら他の選択肢もある」
ピエール・ガスリーは、できればレッドブル・レーシングでF1ウィナーになることを目指しているが、感情が交わらない場合は、考慮すべき“他の選択肢”があると語る。

ピエール・ガスリーとレッドブル、またはモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコとの関係は、過去に複雑であり、それは2019年に苦痛を与えたトロロッソとレッドブル・レーシングへの往復によって特徴づけられている。

最近でも、ヘルムート・マルコはピエール・ガスリーを褒めようとはしない。F1バーレーンの予選でガスリーが5番手タイムを記録した後も、ヘルムート・マルコは、マックス・フェルスタッペンであれば同じアルファタウリのマシンでもで0.4秒速かっただろうと語っている。

当然、ピエール・ガスリーはその発言を快く思ってはおらず、“そのような仮説的思考”には興味はないとはねのけていた。

それでも、ピエール・ガスリーは、レッドブルの姉妹チームであるアルファタウリで今シーズン良好なパフォーマンスを見せている。

「個人的には、トップで戦うためにF1にいる」とピエール・ガスリーはF1ポルトガルGPに先立って記者団に語った。

「僕は毎日、チャンピオンシップのために戦い、表彰台と勝利のためにより一貫して戦うことができる最高のドライバーになるために働いている。それが究極の目標だ。レッドブルで起こることを願っている。レッドブルのおかげでF1に参加しているわけだし、本当に感謝している。現時点ではまだ彼らと契約しているので、それが目標だ」

ピエール・ガスリーは、レッドブル・ファミリーに残りたいと思っているが、2022年にはアルピーヌF1が今シーズンの成績次第ではエステバン・オコンの後任としての起用に関心を持っていると噂されている。

「一緒に働く意志があるのであれば、もちろん、僕はそれには本当に満足するだろうし、一緒に働く意志がないのであれば、他の選択肢もある」とピエール・ガスリーは語る。

「しかし、今のところ最も重要なのは、競争力を持ち、これまでのように力強いパフォーマンスを発揮し、良い結果を出すことだと思う。そうすれば、後でチャンスを見極めることができる」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ピエール・ガスリー / レッドブル / アルファタウリ