2019年04月のF1情報を一覧表示します。

F2 アゼルバイジャン 予選 | 松下信治がポールポジション獲得

2019年4月26日
F2 松下信治
2019年のF2選手権の第2戦アゼルバイジャンの予選が4月26日(金)にバクー市街地コースで行われ、松下信治(Carln)がポールジションを獲得した。

松下信治は1分54秒555をマークして自身2度目のポールポジションを獲得。ポールポジションに付与される4ポイントを得た。2番手にはニック・デ・ブリース(ART Gand Prix)、3番手にはルカ・ギオット(UNI-Virtuosi Racing)が続いた。

ジョージ・ラッセル、シャシー交換でフリー走行2回目を欠場

2019年4月26日
F1 ジョージ・ラッセル アゼルバイジャンGP
ウィリアムズは、F1アゼルバイジャンGPのフリー走行1回目にマンホールの蓋でダメージを受けたジョージ・ラッセルのマシンがシャシー交換が必要となったことを発表。レギュレーションによってラッセルはフリー走行3回目まで走れないことになった。

ジョージ・ラッセルは、フリー走行1回目の開始10分が経過したところで、マンホールの上を走行した際に蓋が外れてマシンの底面を破損。

F1アゼルバイジャンGP | マンホールでラッセルがマシン破壊でFP1中止

2019年4月26日
F1 アゼルバイジャンGP
2019年のF1世界選手権 第4戦 アゼルバイジャンGPのフリー走行1回目が4月26日(金)にバクー市街地コースで行われたが、開始直後にジョージ・ラッセル(ウィリアムズ)がマンホールの蓋でマシンの底面を破損するというアクシデントが発生。FIAはセッションをキャンセルすることを決定した。

現地時間13時。気温16.7℃、路面温度39.6℃のドライコンディションで90分のFP1セッションはスタート。

セバスチャン・ベッテル 「レッドブル・ホンダはここから強くなる」

2019年4月26日
F1 レッドブル・ホンダ セバスチャン・ベッテル
フェラーリのセバスチャン・ベッテルは、2019年のチャンピオンシップ争いからレッドブル・ホンダを除外することはできないと語る。

今年からホンダのF1エンジンを搭載するレッドブルは、F1アゼルバイジャンGPで“スペック2”エンジンを投入するが、現時点ではメルセデスとフェラーリとのタイトル争いになり、レッドブル・ホンダはまだそのレベルに及んでいないと考えている者が多い。

カルロス・サインツ 「マクラーレンの2019年の強みは直線スピード」

2019年4月26日
F1 マクラーレン カルロス・サインツJr.
カルロス・サインツは、2019年のマクラーレンは直線スピードが強みになっていると語る。

今年、ルノーからマクラーレンに移籍したカルロス・サインツだが、マクラーレンはルノーのカスタマーであり、3年連続でルノーのF1エンジンを走らせている。今年、ルノーのF1エンジンは信頼性に問題を抱えているものの、パフォーマンスでは前進を果たしている。

ホンダ | 2019年 F1アゼルバイジャンGP プレビュー

2019年4月26日
F1 ホンダ
ホンダのF1エンジンを搭載するレッドブル・レーシングとトロロッソは、今週末、2019年のF1世界選手権 第4戦 中国GPに挑む。

バクーで行われるアゼルバイジャンGPは、2016年にカレンダーに加わった最も新しいグランプリ。舞台となるバクー市街地コースは、序盤と終盤の高速エリアの間に驚くほどトラック幅の狭い市街地エリアが挟まれ、歴史あるエリアと新しいエリアがミックスされている。

ルイス・ハミルトン 「メルセデスとフェラーリは同レベル」

2019年4月26日
F1 ルイス・ハミルトン メルセデスAMG F1
メルセデスのルイス・ハミルトンは、フェラーリとの戦いはまだ“激しい”ままだと語る。

冬季テストでは有望なペースを示していたフェラーリだが、まだここまで勝利を挙げていない。一方、メルセデスは1992年にウィリアムズが達成して以来となる開幕から3戦連続で1-2フィニッシュを達成している。

WEC | トヨタ:第7戦 スパ・フランコルシャン6時間レース プレビュー

2019年4月26日
WEC トヨタ スパ・フランコルシャン6時間レース
TOYOTA GAZOO Racingは、ベルギーへの国境を越える短い移動を経て、残り2戦となったFIA世界耐久選手権(WEC)2018-2019年スーパーシーズンの第7戦、スパ・フランコルシャン6時間レースへチーム・ワールドチャンピオン決定を目指して挑む。

サーキットから120kmほどのドイツ・ケルンに本拠地を持つトヨタは現在、WECのチーム選手権で2位に53点差のランキング首位に立っている。

ダニエル・リカルド 「“ボッタスのメルセデス離脱”に12万円賭けていた」

2019年4月26日
F1 ダニエル・リカルド
ダニエル・リカルドは、昨年、レッドブルのモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコと賭けを行い、2019年にバルテリ・ボッタスがメルセデスを離脱することに1000ユーロ(約12万円)を賭けていたことを明かした。

昨年7月、メルセデスはバルテリ・ボッタスとの契約を延長。ダニエル・リカルドがメルセデスに移籍する可能性が消滅するとともに、ヘルムート・マルコに1000ユーロを払うことになった。
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 10 | 11 | 12 |...| 64 | 65 | 66 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム