F1 ジョージ・ラッセル アゼルバイジャンGP
ウィリアムズは、F1アゼルバイジャンGPのフリー走行1回目にマンホールの蓋でダメージを受けたジョージ・ラッセルのマシンがシャシー交換が必要となったことを発表。レギュレーションによってラッセルはフリー走行3回目まで走れないことになった。

ジョージ・ラッセルは、フリー走行1回目の開始10分が経過したところで、マンホールの上を走行した際に蓋が外れてマシンの底面を破損。

コース上にはデブリが散乱し、赤旗中断となった後、該当するマンホールや他の部分の安全性を確保するためにフリー走行1回目は中止となった。

ウィリアムズはガレージに戻ったジョージ・ラッセルのマシンを確認し、ダメージによってシャシー交換が必要なことを確認した。

ウィリアムズの広報担当は「ジョージのマシンあマンホールの蓋が外れてダメージを負ったことでシャシー交換が必要になりました」とコメント。

「したがって、レギュレーションにより、彼は明日のフリー走行3回目まで走ることができません」

ジョージ・ラッセルのマシンは、モノコックだけでなく、パワーユニットやギアボックスにも損傷が及んでいると推測されている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ジョージ・ラッセル / ウィリアムズ / F1アゼルバイジャンGP