2017年11月のF1情報を一覧表示します。

ルノー、メキシコでのPU故障多発は「パフォーマンスを重視しすぎた」

2017年11月1日
ルノー F1 メキシコグランプリ
ルノーは、F1メキシコGPでパワーユニットにトラブルが多発したのは、パフォーマンスと信頼性のバランスを攻めすぎたためだと説明した。

F1メキシコGPでは、ルノーのパワーユニットを搭載するレッドブルのマックス・フェルスタッペンが優勝を果たしたが、チームメイトのダニエル・リカルド、ルノーのニコ・ヒュルケンベルグ、トロ・ロッソのブレンドン・ハートレーがエンジントラブルによってリタイアした。

フェルナンド・アロンソ 「マクラーレン・ルノーでタイトルを争いたい」

2017年11月1日
フェルナンド・アロンソ マクラーレン ルノー ホンダF1
ホンダと戦うグランプリはまだ2レース残っているが、フェルナンド・アロンソはすでに来年のプレシーズンテストを見据えている。

フェルナンド・アロンソは、マクラーレン・ホンダ時代がやうやく終わることに安堵しており、メキシコでルイス・ハミルトンとポジションを争ったことで、2018年にマクラーレン・ルノーが十分に戦えるという可能性を実感したと スペインのラジオ Cadena Ser に述べた。

ホンダ 「MotoGPやインディカーと同じようにF1で成功を収めたい」

2017年11月1日
ホンダF1 本田技研工業
ホンダは、MotoGPやインディカーと同じようにF1で成功することを究極の目標に掲げている。

F1は世界で最大の人気を誇るモータースポーツであり、ホンダの動向にも大きな注目が集まっている。ホンダはF1以外にも様々なモータースポーツカテゴリーに参戦しているが、昨今のF1におけるホンダの苦戦は、他のカテゴリーでの成功が霞んでしまうことにもつながりかねない。

エステバン・オコン、憧れのアロンソとのヘルメット交換に感激

2017年11月1日
エステバン・オコン F1 フェルナンド・アロンソ
エステバン・オコンが、フェルナンド・アロンソとヘルメットを交換したことをInstagramで紹介。アロンソとシュマッハの戦いをみてF1を夢見るようになったと語った。

昨シーズン途中にマノーでF1デビューしたエステバン・オコンはまだ1996年生まれの21歳。一方、2度のF1ワールドチャンピオンであるフェルナンド・アロンソは1981年生まれの36歳と、二人は15歳も年齢が離れている。

マックス・フェルスタッペン 「ルノーのエンジンが壊れないか心配だった」

2017年11月1日
マックス・フェルスタッペン メキシコグランプリ レッドブル・レーシング ルノー
F1メキシコGPで今季2勝目を挙げたマックス・フェルスタッペンだが、他のルノーのエンジンを搭載するマシンにトラブルが続発したことで、自分のエンジンも壊れないかと心配しながら走っていたことを認めた。

オープニングラップのターン1とターン2のセバスチャン・ベッテルとのバトルを制してトップに立ったマックス・フェルスタッペンは、その後、メルセデスのバルテリ・ボッタスとのギャップを大きく広げてトップでチェッカーを受けた。
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 53 | 54 | 55 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム