2016年04月のF1情報を一覧表示します。

F1ロシアGP 予選:ニコ・ロズベルグが2戦連続ポールポジション

2016年4月30日
F1 2016 ロシアGP 予選 結果
F1ロシアGPの予選が30日(土)、ソチ・オートドロームで行われた。

ポールポジションは、前戦に続いてメルセデスのニコ・ロズベルグが獲得。2番手にはセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)、3番手にはバルテリ・ボッタス(ウィリアムズ)が続いた。ただし、ベッテルはギアボックス交換により5グリッド降格が決まっている。

F1ロシアGP フリー走行3回目:ルイス・ハミルトンがトップタイム

2016年4月30日
F1 2016 ロシアGP フリー走行3回目
2016 F1ロシアGPのフリー走行3回目が30日(土)、ソチ・オートドロームで行われた。

土曜日のソチは曇り空。各マシンが予選とレースにむけてマシンを仕上げていった。

フリー走行3回目のトップタイムを記録したのはメルセデスのルイス・ハミルトン。2番手には0.068秒差でニコ・ロズベルグが続いた。3番手にはセバスチャン・ベッテル、4番手にはキミ・ライコネンとフェラーリ勢が続いた。

セルゲイ・シロトキン、ジョリオン・パーマーのタイムを上回る

2016年4月30日
セルゲイ・シロトキン
セルゲイ・シロトキンが、F1ロシアGPのフリー走行1回目に正ドライバーのジョリオン・パーマーのタイムを上回ってみせた。

26日(火)にルノーとテストドライバー契約を行ったことが正式に発表されたばかりのセルゲイ・シロトキンは、早速F1ロシアGPの金曜フリー走行1回目に出走した。

マクラーレン・ホンダ:F1ロシアGP 初日レポート

2016年4月30日
マクラーレン・ホンダ F1 2016 ロシアGP
マクラーレン・ホンダは、F1ロシアGP 初日のフリー走行で、ジェンソン・バトンが8番手タイム、フェルナンド・アロンソが10番手タイムだった。

ジェンソン・バトン (8番手)
「今日は全体的にポジティブな一日だった。これまでの金曜日のフリー走行では、僕たちのマシンにも速さがあった。日曜日のレースで燃料をセーブしなければならないことは分かっているが、明日の予選ではQ3進出を狙い、日曜日の決勝ではポイントを獲得できればと思う」

F1:2017年以降のF1エンジン規約に合意

2016年4月30日
F1 エンジン規約 2017
FIAは、コストを制限し、全チームへの供給を確保し、パフォーマンス収束とサウンドを改善することを目的とした2017年以降のパワーユニットレギュレーションに合意した。

パワーユニットレギュレーションは近年の政治闘争の舞台となっており、メルセデスがアドバンテージを守ろうとする一方で、ライバル勢はどうにかして追いつこうとしていた。

メルセデス、2トークンを使用したアップグレード版エンジンを投入

2016年4月30日
メルセデス F1
メルセデスは、F1ロシアGPでシーズンに入って初めてエンジン開発のトークンを消費した。

フェラーリは、ソチの長いストレートでより多くのパワーを得るために今週末にエンジンをアップグレードさせているが、メルセデスも燃料システムに改良を加えた。

メルセデスの今回のアップグレードは、パワーユニットの“封印範囲外”で行われており、ニコ・ロズベルグとルイス・ハミルトンが新しいエンジンに交換する必要はないようだ。

セバスチャン・ベッテル、ギアボックス交換で5グリッド降格

2016年4月30日
セバスチャン・ベッテル
フェラーリはセバスチャン・ベッテルのギアボックスを交換することを決定。ベッテルにはF1ロシアGPで5グリッド降格ペナルティが科せられることになった。

セバスチャン・ベッテルのギアボックスは、F1中国GPでの1コーナーでのキミ・ライコネンとの接触でダメージを受けたとみられている。

ロシアでのプラクティスと調査の後、フェラーリはユニットを交換することを決定した。

【動画】 2016 F1ロシアGP 初日 ハイライト

2016年4月30日
F1 2016 ロシア 動画
2016年 第4戦 F1ロシアGPが29日(金)、ソチ・オートドロームで開幕した。

ソチ・オートドロムは、レース専用コースと市街地コースを組み合わせたユニークなサーキット。路面はスムーズでグリップ力が高い上にタイヤの磨耗も少ないが、初日はトラックが汚れていることもあり、多くのドライバーが限界を計るためにコースオフやスピンを繰り返した。

ホンダ 「日曜日のレースセットアップに集中した」 / F1ロシアGP初日

2016年4月30日
ホンダ F1 2016 ロシアGP
ホンダのF1プロジェクト総責任者を務める長谷川祐介が、F1ロシアGPの初日のセッションを振り返った。

長谷川祐介 (ホンダ F1プロジェクト総責任者)
「パワーユニットは両ドライバー共に上海GPから引き続き同じものを使用しており、本日の走行は主に車体のセットアップに終始しました。フリー走行2でのバトン8番手とアロンソ10番手という順位は、各チームの燃料の搭載量などが特定できないため評価は難しいですが、ソフトタイヤでのロングランは安定しており、ペースは悪くなかったと考えます」
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 41 | 42 | 43 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム