2016年04月のF1情報を一覧表示します。

ダニエル・リカルド、エアロスクリーンは「音響効果に違いがあった」

2016年4月30日
エアロスクリーン
エアロスクリーンをテストしたダニエル・リカルドは、最初の走行に満足しており、次はナイトレースでテストしてみるべきだと述べた。

レッドブルは、F1ロシアGPのフリー走行1回目にダニエル・リカルドのRB12に“エアロスクリーン”を搭載した。

走行はインストレーションラップでの1周のみだったが、ダニエル・リカルドはもっと多くの走行を望んでおり、ナイトレースが可視性の良いテストになると考えている。

フェラーリ:F1ロシアGP 初日レポート

2016年4月30日
フェラーリ F1 2016 ロシアGP
フェラーリは、F1ロシアGP 初日のフリー走行で、セバスチャン・ベッテルが2番手タイム、キミ・ライコネンが4番手タイムだった。

セバスチャン・ベッテル (2番手)
「電気系の問題だったようだけど、直せると思う。でも、特にどれくらい競争力があるかを確認できるレーストリムでのロングランでの周回数が不足しているので残念だ」

メルセデス:F1ロシアGP 初日レポート

2016年4月30日
メルセデス F1 2016 ロシアGP
メルセデスは、F1ロシアGP 初日のフリー走行で、ルイス・ハミルトンが1番手タイム、ニコ・ロズベルグが3番手タイムだった。

ルイス・ハミルトン (1番手)
「中国からかなり長く待った気がするけど、またクルマに乗れて嬉しい。週末のスタートとしても建設的な一日を過ごせた。プログラムはほとんど終わらせることができたけど、タイヤにフラットスポットを作ってしまい、最後に少しだけ残ってしまった。でも、そこに大きなドラマはない」

レッドブル:F1ロシアGP 初日レポート

2016年4月30日
レッドブル F1 2016 ロシア
レッドブルは、F1ロシアGP 初日のフリー走行で、ダニエル・リカルドが5番手タイム、ダニール・クビアトが7番手タイムだった。

ダニエル・リカルド (5番手)
「エアロスクリーンを搭載して走行した午前中は異なるものだったし、風によるロールがなくて、エンジンサウンドも異なっていた。可視性はかなり良かったし、第一印象は素晴らしかった。運転可能だった」

ハース:F1ロシアGP 初日レポート

2016年4月30日
ハース F1 2016 ロシアGP
ハースは、F1ロシアGP 初日のフリー走行で、ロマン・グロージャンが16番手タイム、エステバン・グティエレスが17番手タイムだった。

ロマン・グロージャン (16番手)
「クルマに戻れて嬉しい。ソチはかなり好きなトラックだ。タイヤやクルマの働かせ方を評価してしようとしたけど、あまり簡単な一日ではなかった。クルマを改善してもっと良くできるはずだ」

ウィリアムズ:F1ロシアGP 初日レポート

2016年4月30日
ウィリアムズ F1 2016 ロシアGP
ウィリアムズは、F1ロシアGP 初日のフリー走行で、バルテリ・ボッタスが6番手タイム、フェリペ・マッサが9番手タイムだった。

バルテリ・ボッタス (6番手)
「良い金曜日だった。いくつか新しい空力パーツを含めて、計画していた全てのことをテストできた。それらのテストの結果は良さそうだし、ポジティブだ。このトラックではタイヤの挙動が鍵だし、それが今夜の僕たちの焦点になる」

トロ・ロッソ:F1ロシアGP 初日レポート

2016年4月30日
トロ・ロッソ F1 2016 ロシアGP
トロ・ロッソは、F1ロシアGP 初日のフリー走行で、カルロス・サインツが11番手タイム、マックス・フェルスタッペンが12番手タイムだった。

カルロス・サインツ (11番手)
「ロシアに戻ってこれて良い気分だ。ここに到着する前にも言っていたけど、楽しいトラックだし、今日は問題なく走行計画の全てを進められたので満足している」

フォース・インディア:F1ロシアGP 初日レポート

2016年4月30日
フォース・インディア F1 2016 ロシアGP
フォース・インディアは、F1ロシアGP 初日のフリー走行で、ニコ・ヒュルケンベルグが13番手タイム、セルジオ・ペレスが14番手タイムだった。午前中にはリザーブドライバーのアルフォソ・セリスが走行を行った。

ニコ・ヒュルケンベルグ (13番手)
「午後の路面コンディションは素晴らしくはなかったし、風によってトリッキーになったけど、それは全員にとって同じだし、海にかなり近いトラックなので予想していたことだ」

ルノー:F1ロシアGP 初日レポート

2016年4月30日
ルノー F1 2016 ロシアGP
ルノーは、F1ロシアGP 初日のフリー走行で、ケビン・マグヌッセンが15番手タイム、ジョリオン・パーマーが18番手タイムだった。午前中にはテストドライバーに就任したセルゲイ・シロトキンが走行を行った。

ケビン・マグヌッセン (15番手)
「第一印象はOKだし、クルマはここでそれほど悪くはない。FP2ではタイヤ評価がメインの仕事だったし、セッションを通してトラックはかなり一貫性があった」
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 41 | 42 | 43 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム