2015年07月のF1情報を一覧表示します。

ジェンソン・バトン、ファン・パブロ・モントーヤのF1改善案に賛同

2015年7月31日
ジェンソン・バトン
ジェンソン・バトンは、ファン・パブロ・モントーヤが提案したF1をすぐに面白くするための方法に賛同した。

モータースポーツの頂点という地位をF1が保つためにはどうすればいいかとの質問に、かつてマクラーレンやウィリアムズでドライバーを務めたファン・パブロ・モントーヤは、タイヤやブレーキの温度センサーを禁止すればいいと答えた。

ヴェンチュリー、フォーミュラEのパワートレインを公開

2015年7月31日
フォーミュラE パワートレイン
ベンチュリーは、コンストラクターとして2シーズン目のフォーミュラEで使用するパワートレインの写真と詳細を公開した。

2シーズン目のフォーミュラEでは、パワートレイン、インバーター、エネルギー回生機器などのエネルギー効率関係の作業が自由化される。

ヴェンチュリーのパワーユニットは、200kWを発生。最大回転数は20,000prm、最大トルクは145N・mとなる。ヴェンチュリーは、これに4速ギアボックスを組み合わせる。

佐藤琢磨、インディ参戦100戦記念スペシャル・ヘルメットで参戦

2015年7月31日
佐藤琢磨 インディ参戦100周年記念スペシャル・ヘルメット
佐藤琢磨は、今週末に開催されるインディカー 第14戦ミッドオハイオでインディカー100戦目を迎えることを記念した「インディ参戦100戦記念スペシャル・ヘルメット」でレースに臨む。

2011年にインディカーに転向した佐藤琢磨は、今週末、8月2日に開催されるミッドオハイオ戦で参戦100戦目を迎える。

アレックス・ザナルディ、インディ500参戦の夢を諦めず

2015年7月31日
アレックス・ザナルディ
アレックス・ザナルディは、インディ500参戦を目指していることを明らかにした。

2度のCARTチャンピオンであるアレックス・ザナルディは、2001年にラウジッツリンクでのレースでの事故で両足を切断。その後、WTCCでレースに復帰した後、ハンドサイクルでの活動に専念し、2012年のロンドンパラリンピックではイタリア代表として金メダルを2個、銀メダルを1個獲得している。

ザウバー、アップデート投入でポイント争いへの復帰に期待

2015年7月31日
ザウバー
ザウバーのフェリペ・ナスルとマーカス・エリクソンは、シーズン後半に投入されるアップグレードがチームを押し上げてくれることを期待している。

開幕戦オーストラリアGPで14ポイントを獲得したザウバーだったが、それ以降は合計で8ポイントしか獲得できておらず、コンストラクターズ選手権8位に後退。

インディカー:ミッドオハイオから新型レインタイヤを導入

2015年7月31日
インディカー
インディカーは、今週末のミッドオハイオから新型レインタイヤを導入する。

新しいタイヤは、12ヶ月前に導入された先代のタイヤを改善するべく、タイヤ供給元のファイアストーンが開発作業に取り組んできた。

テキサスのブリヂストンの実験場では、いくつかの実験的なコンパウンドがテストされ、評価されてきた。テストではロードコースとストリートコースでのウェット走行の経験のあるインディカーチームが負荷とスピードに関するデータとの供給に協力した。

【動画】 アウディ、米国のサーキットで自動運転の実演を公開

2015年7月31日
アウディ 自動運転
アウディにおいて自動運転(パイロッティド ドライブ)の技術は、急速なピッチで実用化に近づいている。

今月、世界でもっともチャレンジングなサーキットのひとつといわれる米国カリフォルニアのソノマ レースウェイで、最新世代のアウディ RS 7自動運転コンセプトカーは、プロドライバーに匹敵するパフォーマンスを披露した。

ホッケンハイム、2016年 F1ドイツGPのチケット販売を開始

2015年7月31日
F1ドイツGP
ホッケンハイムは、2016年のF1ドイツGPのチケット販売を開始。2014年の観客数の低迷、今年のレースキャンセルによるF1ファンを取り戻すために安価なチケットを用意した。

F1ドイツGPは、ニュルブルクリンクとホッケンハイムで隔年開催されているが、今年はニュルブルクリンクのオーナー変更による財政難、ホッケンハイムは短い猶予期間のせいで準備を整えられず、中止となった。

GP2とGP3、代替戦はWECバーレーン戦のサポートレースとして開催

2015年7月31日
バーレーン・インターナショナル・サーキット
GP2とGP3は、キャンセルとなったドイツ大会の代替レースとしてバーレーンでのレースを発表。レースはWEC世界耐久選手権のサポートレースとして開催され、F1とは切り離されたラウンドとなった。

今年のF1カレンダーからドイツが削除されたことによって、GP2とGP3も1戦ずつラウンドを失い、オーガナイザーは以前からその代替地を探していた。
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 36 | 37 | 38 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム