2011年03月のF1情報を一覧表示します。

ナレイン・カーティケヤン、予選通過に自信

2011年3月31日
ナレイン・カーティケヤン
ナレイン・カーティケヤンは、第2戦F1マレーシアGPでヒスパニア・レーシングが予選を通過できると自信をもっている。

ナレイン・カーティケヤンとヴィタントニオ・リウッツィは、開幕戦オーストラリアGPの予選Q1でトップタイムの107%以内のタイムで走らず予選落ちとなり、決勝レースに出場することができなかった。

ザウバー、F1スペインGPで新ディフューザーを投入へ

2011年3月30日
ザウバー
ザウバーは、F1スペインGPにむけて2011年スタイルのエキゾースト・ブラウン・ディフューザーを準備している。

ザウバーは、F1開幕戦オーストラリアGPをリアウイングの車両規定違反で失格・ノーポイントで終えたが、マシンのハンドリング特性には期待を持っている。

ザウバーのテクニカルディレクターを務めるジェームス・キーは、次の大きなステップはレッドブル型のエキゾーストレイアウトだと述べた。

F1 : DRS (Drag Reduction System)とは

2011年3月30日
F1 DRS
2011年のF1レギュレーションの中でも、最も大きな変化と言えるのがDRS(Drag Reduction System:ドラッグ抑制システム)の導入だろう。

DRSは、リアウイングのフラップをドライバーが手動で可動させることでドラッグを低減させ、オーバーテイクを促進させることを目的に導入された可変リアウイング。フラップの可変は5cmまで許されている。

キミ・ライコネン、NASCARに参戦

2011年3月30日
キミ・ライコネン
キミ・ライコネンが、今年NASCARに参戦することが明らかになった。

Turun Sanomat によると、キミ・ライコネンはこの夏からICE 1 レーシングでNASCARに参戦。トラックシリーズに参戦したあと、ネイションワイドとスプリントカップに参戦するとしている。

チームの主要パートナーとしては、昨年リチャード・ペティ・モータースポーツで働いていたフォスター・ジレットがキミ・ライコネンに協力していくという。

ザウバー、レース失格を控訴せず

2011年3月30日
ザウバー
ザウバーは、F1オーストラリアGPでの失格という決定に対して控訴を進めないことに決定した。

セルジオ・ペレスと小林可夢偉はF1オーストラリアGPを7位と8位で終えたが、マシンのリアウイングに車両規定違反があったとして失格となった。

ザウバー C30のリアウイングの湾曲は、3〜5mm規定に違反していた。

ピレリ、タイヤのマーキング方法の変更を検討

2011年3月30日
ピレリ
ピレリは、F1オーストラリアGPでタイヤの識別が難しかったことを受け、タイヤのマーキング方法の変更を検討している。

ピレリは、コンパウンドを識別するためにサイドウォールの「Pirelli」と「Pzero」のロゴを独自のカラーで塗り分けており、メルボルンではソフト(イエロー)とハード(シルバー)が使用された。

ウィリアムズ、レッドブル型エキゾーストを投入

2011年3月30日
ウィリアムズ
ウィリアムズは、F1中国GPでレッドブル型エキゾーストの投入を予定している。

2011年シーズンは、エキゾーストシステムが開発の焦点になるとみられており、こウィリアムズもここ数週間で独自のバージョンに取り組むことに費やしてきた。

ウィリアムズのテクニカルディレクターを務めるサム・マイケルは、来月のF1中国GPまでにレースで使用できるバーションを準備するつもりだと述べた。

ニコ・ヒュルケンベルグ、カッチェスとの個人スポンサー契約を更新

2011年3月30日
ニコ・ヒュルケンベルグ
ニコ・ヒュルケンベルグは、ドイツのキャンディメーカー「カッチェス」との個人スポンサー契約を更新した。

ニコ・ヒュルケンベルグは2010年8月にカッチェスと個人スポンサー契約を結んでいたが、今回の契約によりヒュルケンベルグのヘルメットとドライバーズキャップにカッチェスのロゴが掲載されることになった。

「今年はレースをしていないけど、カッチェスから非常に大きなサポートを受けている」とニコ・ヒュルケンベルグはコメント。

ザウバー、失格の原因は3mmの違反

2011年3月29日
ザウバー
ザウバーのチーム代表ペーター・ザウバーは、リアウイングの車両規定への抵触が3〜5mmだったことを明かした。

ザウバーは、F1オーストラリアGPでセルジオ・ペレスが7位、小林可夢偉が8位でフィニッシュしたが、レース後の車検で、リアウイングの湾曲が100mmの球状テンプレートに適合しなかったため失格となった。
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 35 | 36 | 37 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム