2008年11月のF1情報を一覧表示します。

佐藤琢磨 トロ・ロッソ STR3を語る

2008年11月30日
佐藤琢磨 トロ・ロッソ STR3
佐藤琢磨が、テストで走行したトロ・ロッソのF1マシン STR3の印象を語った。

22日に都内でトークショーを開催した佐藤琢磨。F1の世界では機密事項を明かさないというのは基本中の基本。そのため、琢磨側もトロ・ロッソ側も最低限のスペックでのやり取りとなったという。特にフェラーリエンジンに関しては、チーム代表から「絶対にコメントしてくれるな。一切、触れては駄目」と釘を刺されたという。

マーク・ウェバー 「RB5の初走行までに回復させたい」

2008年11月29日
マーク・ウェバー 「RB5の初走行までに回復させたい」
マーク・ウェバーは、2月のレッドブル RB5の初テストに間に合うようにF1へ復帰することを目標にしていると語る。レッドブルは2月10日に新車RB5の初走行を予定している。

「初テストでRB5をドライブすることを目指している。それが可能かどうかはわからない。でも、シーズン全体のためにもう1週間か10日間待たなければならないなら、そうするつもりだ」

ジャンカルロ・フィジケラ、2009年のシートを確信

2008年11月29日
ジャンカルロ・フィジケラ
ジャンカルロ・フィジケラは、2009年のフォース・インディアのシートに変更はないと語る。

フォース・インディアは、今月マクラーレンと技術パートナー契約を発表。組織変更をはじめ、バルセロナではペドロ・デ・ラ・ロサがフォース・インディアに参加するなど、ドライバーラインナップの変更も噂されている。

エディ・ジョーダン、F1メダル制を批判

2008年11月28日
エディ・ジョーダン
エディ・ジョーダンが、バーニー・エクレストンが提案するF1へのメダル制の導入を痛烈に批判した。

F1の最高権威者であるバーニー・エクレストンは、F1にオリンピック・スタイルのメダル制を導入しようとしており、チームもこの案を全面的に支持していると語った。

しかし、元ジョーダンのチームオーナーであるエディ・ジョーダンは、「(提案は)ナンセンスだ」と批判した。

レッドブルのテストドライバー候補にブレンドン・ハートレー

2008年11月28日
ブレンドン・ハートレー レッドブル
ブレンドン・ハートレーの名が、2009年のレッドブルのテストドライバー候補にあげられている。

ハートレーのエージェントであるピーター・ジョンストンは、今年のイギリスF3で3位だったブレンドン・ハートレーが、12月のヘレステストで骨折したマーク・ウェバーの代役として、レッドブルのテストに参加する可能性であることを明らかにした。

ゲルハルト・ベルガー 「トロ・ロッソはミナルディ時代に戻る」

2008年11月28日
ゲルハルト・ベルガー トロ・ロッソ
ゲルハルト・ベルガーは、レッドブルがトロ・ロッソを売却したがっているので、トロ・ロッソのプロジェクトを断念したという報道を認めた。

レッドブルは今週、ゲルハルト・ベルガーが所有するトロ・ロッソの50%株式を買い戻したこと発表した。

ベルガーは「ディディ(マテシッツ)が、レギュレーションが変わるのでチームを売りたいと言った」ので、手を引くことを考え始めたと語った。

フェラーリ、若手ドライバーをテスト

2008年11月28日
左からミルコ・ボルトロッティ、エドアルド・ピスコポ、サルヴァトーレ・チカテッリ
フェラーリは、フィオラノ・サーキットでイタリアF3シリーズのトップ3ドライバーをF1テストデビューさせた。

フェラーリとイタリアのモータースポーツ統括団体ACI-CSAIの共同でイニシアチブにとり、ミルコ・ボルトロッティ、エドアルド・ピスコポ、サルヴァトーレ・チカテッリの3人が今年のコンストラクターズチャンピオンシップで優勝したフェラーリF2008のハンドルを握った。

2009年 F1マシン レギュレーション

2008年11月28日
2009年 F1マシン レギュレーション
2009年、F1マシンは大きな変貌を遂げる。レギュレーションの大きく変更されることにより、各チームはこれまでのマシンのアップデートではなく、基本的なマシン構造から見直さなければならなくなる。

2009年のレギュレーションでは、主にダウンフォースの50%削減、スリックタイヤの復活、KERSの導入が挙げられる。中でも、F1マシンに劇的な変化をもたらすのは、ダウンフォースを50%削減させるための空力レギュレーションの変更といえる。

ルーベンス・バリチェロ、トロ・ロッソとの交渉を認める

2008年11月27日
ルーベンス・バリチェロ
ルーベンス・バリチェロは、2009年のシートを獲得するためにトロ・ロッソと交渉していることを認めた。

2009年もホンダ残留を目指すバリチェロだが、先週のバルセロナテストには招かれなかった。ホンダは、ブルーノ・セナとルーカス・ディ・グラッシという2名の若手ドライバーにテストの機会を与えた。

ホンダでの4年目のシーズンが危ぶまれているバリチェロだが、トロ・ロッソ加入の可能性はまだ残っている。
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 21 | 22 | 23 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム