F1シート喪失のジョビナッツィ 「ハミルトンやフェルスタッペンからの言葉に慰められた」
アントニオ・ジョビナッツィは、アルファロメオのF1シート喪失というニュースから気持ちを切り替えるのに長い時間がかかったが、ルイスハミルトンやマックスフェルスタッペンからの個人的なメッセージに慰められたと明かす。

アントニオ・ジョビナッツィは、今シーズン限りでアルファロメオF1を去り、2022年は中国人ドライバーの周冠宇が、アルファロメオF1の新しいナンバーワンドライバーとんるバルテリ・ボッタスと並んでジョビナッツィのシートを埋める。

アルファロメオF1を受け入れることができなかったアントニオ・ジョビナッツィは、ソーシャルメディアで「お金が支配するとF1は冷酷になる」と皮肉り、不満を爆発されたが、仲間のドライバーからのサポートによって慰められたと語る。

「ハミルトンとフェルスタッペンの二人が素晴らしいメッセージを書いてくれた。彼らがフォローしてくれているということだし、ありがたく思う」とアントニオ・ジョビナッツィはイタリアのRai Radio 2に語った。

「2015年にF3でマックスとレースをしたので、彼のことはすでによく知っていた。とてもありがたいジェスチャーだ」

「しかし、彼らだけでなく、ガスリー、オコン、ペレスからもメッセージをもらった」

アントニオ・ジョビナッツィは、2022年にフォーミュラEに転向することが決定しているが、現在のチームメイトであり、今季限りでF1を引退するキミ・ライコネンもジョビナッツィを擁護する。

「当然、彼にとって残念なことだだ」とキミ・ライコネンは語った。

「彼はとてもナイスガイだ。フェラーリの時代からすでに僕たちはしばらくの間お互いを知っていた」

「彼は何か良いことを見つけることを願っているし、いつかF1で別のチャンスを得られることを願っている」

F1で2回目のチャンスを得ることは簡単なことではないが、アントニオ・ジョビナッツィは、将来F1グリッドに戻れないとしても、F1を恨むことはないと語る。

「残念ながら、運が悪かったこともスポーツの一部だし、遅かれ早かれすべてがに味方してくれることを願っていたけど、これまで僕たちは幸運には恵まれなかった」とアントニオ・ジョビナッツィは語った。

「今シーズンの世界選手権ででは僕たち全員が懸命に努力しているし、僕たちが持っているよりもはるかに多くのことを達成できたはずなので、残念だ。僕たちが多大な努力を払い、期待したものを達成できなかったのは残念だ」

「でも、それはスポーツの一部であり、人生の一部だ。僕たちは過去に腹を立ててはいけないし、未来を楽しみにしている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アントニオ・ジョビナッツィ / アルファロメオF1