アントニオ・ジョビナッツィ 「突然マグヌッセンが目の前で止まりかけた」 / アルファロメオ F1トスカーナGP 決勝
アルファロメオF1のアントニオ・ジョビナッツィが、F1トスカーナGP決勝でのクラッシュについて語った。

セーフティカー後のリスタートではコントロールラインを越えてからがレース再開となるが、後方のマシンはすでに加速。その最たる例がアントニオ・ジョビナッツィだったが、スチュワードは全員に警告のみという処分を下している。

「すでに全開だった」とアントニオ・ジョビナッツィは語った。

「後ろのグループはすでにプッシュしていた。突然マグヌッセンが僕の前でほぼ止まりかけた。避けようとしたけど、彼がちょうどそこにいたし、僕はすでに全開だった。本当に危険な動きだった」

関連:F1トスカーナGP 結果:大荒れのレースでハミルトンが今季6勝目。レッドブルF1のアルボンが嬉しい初表彰台3位

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アントニオ・ジョビナッツィ / F1イタリアGP / アルファロメオ・レーシング