F1 アントニオ・ジョビナッツィ ザウバー
2019年にザウバーからF1フル参戦を果たすアントニオ・ジョビナッツィは、2017年にF1にスポット参戦した経験はさほど役には立たないだろうと語る。

アントニオ・ジョビナッツィは、2017年のプレシーズンで負傷したパスカル・ウェーレインの代役としてザウバーで開幕戦オーストリアGPで急遽F1デビュー。その2年後、ザウバーの正ドライバーとして正式なデビューを果たす。

2017年のオーストラリアGPでは、予選日の朝にパスカル・ウェーレインのクルマを引き継ぎ、次の中国GPでもレースを戦った。その後はフェラーリとザウバーのテスト兼リザーブドライバーとして過ごし、今年はザウバーから2回のフリー走行に出走した。

2017年の経験は役に立つと考えているかと質問されたアントニオ・ジョヴィナッツィは「残念ながら、ずっと前のことだ。去年の年明けのことだ!」と Autosport にコメント。

「オーストラリアはフルの週末ではなかったし、土曜日だけだった。中国では天候によってFP1とFP2を逃したので、またFP3からのスタートだった」

「アプローチするのは難しかったけど、幸いには来年ははるかに楽になるだろう。バルセロナで冬季テストを行い、はるかに準備が整った状態でメルボルンに到着できるはずだ」

アントニオ・ジョビナッツィは、2017年の中国GPでクラッシュして以降、シングルシーターでレースをしておらず、今年のル・マン24時間レースにAFコルセからGTE Proクラスに参戦しただけとなっている。

アントニオ・ジョビナッツィは、フルタイムでレースをするプレッシャーを恋しく思っていると語る。

「正直、待ち切れないよ。レース週末のプレッシャーを逃していただけでなく、日曜日にレースをすることもなかったからね」とアントニオ・ジョビナッツィはコメント。

「今のところ、FP1ではリラックして自分の仕事ができている。来年、本当のプレッシャーを感じるのが待ち切れないね」

「最初の数戦はかなりタフなものになると思っている。僕の隣にいるのはF1で何年も戦っているワールドチャンピオン(キミ・ライコネン)だからね」

「自分の仕事をして、レース毎に改善していく必要がある。良い仕事ができたかどうかがわかるのはシーズン終了時だ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アントニオ・ジョビナッツィ / ザウバー