F1アメリカGP タボ・エルムンド
F1アメリカGP主催するタボ・エルムンドは、2012年のアメリカGP開催への懐疑論を否定しているが、サーキット建設が間に合わない可能性があることも認めている。

FIA会長ジャン・トッドは、テキサス州オースティンでのレースは「ただのプジェクトだ」と述べる前、F1最高権威者バーニー・エクレストンは、2013年までにイベントが開催されない場合は、プロモーターのタボ・エルムンドに違約金を科すつもりだと警告していた。

「そうなりたくはない。財政的に有益なことではないのでね」とタボ・エルムンドは GP Week のインタビューに応じた。

「我々には2012年にグランプリを開催しなければならないという契約がある」

タボ・エルムンドは、すぐにでも取り組まなければならないはずの土地さえも得られていないとの噂を否定した。

「我々はすでに取りを持っているので、土地について進める必要は無い」とタボ・エルムンドは主張する。

「人々が私の名前を見つけようと探し回っているのは知っている。私はルーキではないし、すべては持株会社の名前で行われている。エキサイティングな土地だし、(ヘルマン)ティルケのグループは、ノンストップで進めている」

彼はまだテキサス州の資金提供以外、財政支援者の身元が知られていないとの報道についても言及した。

「誰のビジネスだい? よく知られた世界クラスの大きなグループが集まっている。彼らの多くは匿名のままでいることを望んでいる」

「我々が満足させなければならない外部のグループは、銀行報告を求めるFOMと、資金を信用して法案を可決させるテキサス州の2つだけだ」

プロジェクトの進行については「すでにこれ以上早く資金を費やすことはできない」

「ずっとティルケとゼネコンがそれに取り組んでいるし、皆、我々にはそれができるといっている」

「それができないからといって、グランプリが行われないということではない。我々は必要な違約金を支払うつもりだ。我々は一回限りのレースに取り組んでいるのではない。今後40年間ここでアメリカGPを開催したいと思っている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1アメリカGP