F1:ラスベガスでアメリカ第3のグランプリ開催の可能性
世界的に有名なカジノの街であるアメリカのラスベガスが、F1カレンダーに追加される次の主催地になる可能性がある。

イタリアの Autosprint によると、今週末のオースティンでラスベガスの代表者がF1関係者と会い、2023年のデビューレースの可能性について話し合う予定だと報道。

2022年にはマイアミで初のグランプリが開催され、インディアナポリスと交渉の噂があるため、アメリカで最大4つのグランプリがスケジュールに含まれる可能性がある。

今週、F1のCEOを務めるステファノ・ドメニカリは「グランプリを主催したいという問い合わせは非常に多い」と明らかにしている。

アストンマーティンF1のチーム代表を務めるオトマー・サフナウアーは、F1がスポーツの成長の主要市場として米国をターゲットにするのは正しいと考えている。

「我々がその勢いを得ることができれば、成長は非常に迅速に起こる可能性があると思う」とオトマー・サフナウアーは語る。

「現在マイアミがあるが、将来さらに追加されるかどうかは分からない。3つが適切な間隔で配置されていれば、米国市場はそれに十分な大きさだと思う」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / F1アメリカGP