マリオ・アンドレッティ
1978年のF1チャンピオンであるマリオ・アンドレッティが21日(日)、サーキット・オブ・ジ・アメリカズで“First Lap Ceremony”を実施した。同サーキットが正式にオープンした。

サーキット・オブ・ジ・アメリカズのアンバサダーを務めるマリオ・アンドレッティは、チェッカーフラッグの特別リボンをカットしたあと、タイトルを獲得したロータス79でラップを完了させた。

「予想できると思うが、とても汚れていた」とマリオ・アンドレッティはコメント。

「オフラインはちょっと滑りやすい。だが、新しいサーキットでは普通のことだ」

「全体的に本当に素晴らしいという印象を受けたよ」

ロータスのリザーブドライバーを務めるジェローム・ダンブロシオもルノー R30でデモ走行を実施した。

「いくつかオーバーテイクのチャンスがあってとても楽しいレイアウトだ。長くて高速で流れるような“S”字やシルバーストンの“ベケッツ”に似た高速の方向転換もある」

「1コーナーもかなり特別だ。レースの順位を賭ける人々を見るのは面白いだろうね。レーシングドライバーにとって楽しいレイアウトだし、観覧エリアは、全てのアクションを観るためにとてもいい位置にあるので、ファンにとっても素晴らしいだろう」



このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1アメリカGP