アルピーヌF1チーム、ピアストリ契約問題で失態の法務責任者を解雇
アルピーヌF1チームは、昨夏にオスカー・ピアストリとの契約で失態を冒した法務責任者のベネティクト・マーサーを解雇した。

オスカー・ピアストリを取り巻く契約問題は、今年のシリーシーズンの開始を告げた。セバスチャン・ベッテルが引退し、後任としてフェルナンド・アロンソがアストンマーティンに移籍するという発表に続いて、アルピーヌF1チームは、アロンソの後任としてオスカー・ピアストリの起用を発表した。

しかし、オスカー・ピアストリはそれについて別の考えを持っていた。彼はすぐにTwitterでアルピーヌF1チームで運転する計画はまったくないことを投稿。ほどなくして、マクラーレンと契約する準備がすでに整っていることが明らかになった。

最終的に、FIA(国際自動車連盟)の契約承認委員会の仲裁により、オスカー・ピアストリが2023年F1シーズンにドライブするチームを決定する必要があった。そして、それはマクラーレンと判断された。

その後、アルピーヌF1チーム内の“お粗末”な契約業務が明らかになった。アルピーヌF1チームは、法的拘束力のない『タームシート(条件概要書)』を交わした過ぎず、その後、ピアストリ陣営から再三にわたって、本契約の要請があったにも関わらず、期限を守らず、2022年シーズンのぎりぎりでスーパーライセンス取得のためにリザーブドライバー契約を結んだだけだった。


したがって、法務部門の誰かが責任を問われていることは驚くべきことではない。チーム自体が上記のようにこれを認めており、将来このような状況を回避するための措置を講じていると述べている。その一部が、ベネティクト・マーサーの解任だ。

ベネディクト・マーサーは2011年後半に法務責任者として採用された。それ以来、彼女はロータス、ルノー、アルピーヌと呼ばれるチームでそのポジションを担ってきた。

アピーヌF1チームは英国で正式に登録されているため、アルパイン・レーシング・リミテッドなど、英国に本拠を置くすべての企業は、完全な正式名称を与えるために、取締役の交代(辞任など)があった場合、カンパニーズ・ハウスに書類を提出する義務を含め、英国の法律も遵守する必要がある。これらの記録は、ベネディクト・マーサーが2022年11月8日に解任されたことを示している。

関連:アルピーヌF1チーム、オスカー・ピアストリを失った“お粗末”な契約業務

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アルピーヌ