アルピーヌF1チーム、オスカー・ピアストリを失った“お粗末”な契約業務がCRBの裁定で判明
オスカー・ピアストリを巡るマクラーレン対アルピーヌの契約承認員会(CRB)の裁定は、アルピーヌの多数の失敗がいかにしてピアストリを失うという結果につながったかを詳述している。

9月2日(金)にCRBの満場一致の裁定が発表され、オスカー・ピアストリは、2023年シーズンから始まるマクラーレンとの2年契約が支持された。

アルピーヌは、F1レースシートの育成に時間とリソースを注ぎ込んだオスカー・ピアストリを失ったが、裁定を受け入れ、上訴するつもりはないとした。

今回のCRBの裁定により、オスカー・ピアストリが主張していた「アルピーヌF1チームと2023年のF1レースシートに関する文章にサインしていない」という事実が確認された。

裁定では、仲裁人のイアン・ハンター QC、ステファノ・アッツァーリ、クラウス・ピーター・ベルガー教授、マチュー・ド・ボアソンの全員が、アルピーヌは 2022 年のリザーブドライバーの任務と潜在的な2023年のレースシートに関して、オスカー・ピアストリと別々の契約を結んでいたことを発見した。

そのプロセスのなかでアルピーヌは、オスカー・ピアストリのマネージャーであるマーク・ウェバーを苛立たせるような期限切れを繰り返した。

アルピーヌは、2021年11月付けの2022/23年の『契約書』が「2023年と2024年のF1シーズンにおけるレースドライバーの役割を目的としたピアストリとアルピーヌの間の有効な契約」を構成すると信じていた。だが、それは法的拘束力のない『タームシート(条件概要書)』に過ぎなかった。

しかし、これは交渉の“意向”の出発点に過ぎず、オスカー・ピアストリ陣営はアルピーヌのローラン・ロッシ最高経営責任者(CEO)から、2021年11月15日から10営業日以内に契約が交わされると通知された。

だが、この締め切りは過ぎ、マーク・ウェバー は アルピーヌ が文書を送付してこないいことに不満を募らせた。

マーク・ウェバーは、ベネディクト・マーサー法務部長に「ピアストリと彼の父親に『もうすぐだ』と何度も言わなければならなかった」と語った。

これに応えて、ベネディクト・マーサー法務部長は、チームに法的リソースが不足しているため、彼女が「ボトルネック」であると述べた.

2022年1月は何も起こらずに過ぎ、2022年2月にベネディクト・マーサー法務部長はマーク・ウェウェバーに「私は洗濯機の回転サイクルにいます。(新車)発売後は落ち着くはずです。つまり、オスカーとの契約を中断したところから再開できるということです」と感じているとの手紙を書いた。

シーズン開幕戦バーレーングランプリの数日前の2022年3月まで、オスカー・ピアストリはアルピーヌF1チームと2022年のリザーブドライバーの任務やレースシートの契約を結んでいなかった。

リザーブドライバーの契約書のドラフトは2022年3月4日にオスカー・ピアストリ陣営に送られ、アルピーヌはその1週間後にF1レースシート契約を送ることを望んでいた。

このリザーブ契約は3月14日に CRB に提出されたが、2022年12月31日以降にアルピーヌとのレースシートの可能性を延長するという記述はなかった。

オスカー・ピアストリは3月15日に弁護士を通じてこの契約書を受け取り、ベネディクト・マーサー法務部長は、シーズンがわずか4日後に始まるにも関わらず、リザーブドライバー契約が結ばれていないため、これは「緊急措置」であると述べた。

適切な契約がなければ、ベネディクト・マーサー法務部長が認識していたリザーブドライバー用のスーパーライセンスをオスカー・ピアストリ に付与することはできなかったためだ。

他に選択肢がなかったため、彼女は2021年11月のタームシートを拘束力のある契約として扱うことを余儀なくされ、「法的拘束力のある主な条件」という言葉を文書に追加した。このフレーズは、前年にオスカー・ピアストリに送られた元の文書にはなかった。

CRB は、「タームシートが法的拘束力を持っているとマーサー女史が本当に信じていたかどうかは、我々が言うことではない」と判断した。

2022年5月19日、アルピーヌは「オスカー・ピアストリ 2023/2026提案」というタイトルの文書をピアストリに送り、4年間のF1計画を詳述した。

この文書で展開された「ロードマップ」は、2023年にウィリアムズでシーズンを迎えることを要求し、2024年もそこにとどまるというものだったが、アルピーヌ側には、2023年7月31日までに有効化する必要がある2024年に彼をリコールするためのブレーク条項があった。

2025年以降、オスカー・ピアストリはアルピーヌからフルタイムで参戦する予定だった。つまり、エンストンを拠点とするチームでレースデビューを果たすには、それまで待たなければならなかった可能性があるということだ。

これらの待ち時間は、オスカー・ピアストリ陣営にとって耐え難いものであり、2023年のF1レースシートのためにアルピーヌ以外のオプションを検討することを決定するに至った。

2021年6月3日、オスカー・ピアストリはマクラーレンと「ドライビング契約」を締結した。これは、他の企業とのサービスに対する権利が「もはや有効ではない」ことに依存するものだった。

おそらくこの時点でマクラーレン側はオスカー・ピアストリがサインしたのは2022年のリザーブドライバー契約のみであり、それ以外のタームシートに法的拘束力がないことに気付いた。

そして、オスカー・ピアストリは、F1イギリスGPの翌日である7月4日にマクラーレンと、2022年のアルピーヌとのリザーブドライバー契約が満了し、彼がフリーエージェントになる翌日である2023年1月1日から始まるのレース契約にサインした。

そして、このマクラーレンとの契約は「有効で拘束力がある」と見なされ、アルピーヌは2022年以降にオスカー・ピアストリとの契約は結ばれていないと判断された。

CRBはまた、マクラーレン、オスカー・ピアストリ自身、取締役会メンバーを含む、この訴訟に関与したすべての当事者の訴訟費用をアルピーヌが負担するという裁定を下した。

アルピーヌF1チームは、マクラーレンに 229,965.00 ポンド、ピアストリに 120,086.14 ポンドを支払う必要があり、仲裁人費用は 34,000 ポンドから 74,400 ポンドの範囲となる。

CRB の利益をカバーするには、さらに 16,000 ポンドを支払う必要がある。つまり、アルピーヌは、自身の費用に加えて、訴訟費用として合計530,467.14ポンド(約8500万円)の責任を負うことになる。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アルピーヌ / オスカー・ピアストリ