アルピーヌF1チーム、オスカー・ピアストリを飼い殺し
オスカー・ピアストリは、アルピーヌF1チームとの契約で飼い殺しにされている。

公式には、オスカー・ピアストリはまだアルピーヌF1チームのテスト兼リザーブドライバーだ。だが、夏にマクラーレンへの移籍を発表して以来、アルピーヌF1チームとの関係は完全に冷え切っている。

オスカー・ピアストリは写真から完全に姿を消した。パドックの誰も、巨大な才能と見なされている若者の正確なステータスを知らない。

その結果、ジャック・ドゥーハンが、アルパインF1チーム内で重要な役割を担うようになった。F1メキシコGPのフリープラクティス1でグランプリ週末デビューを果たし、アルピーヌF1チームのピットで数レースで姿をみせている。

The Raceは、オスカー・ピアストリの現在について調査したが、アルピーヌF1チームの誰もステータスを明らかにしたがらないとしている。

「我々の法務チームは今それについて話し合っていると思う」とアルピーヌF1チームの代表を務めるオトマー・サフナウアーは語った。

「来週はもっとわかると思う。だから、ブラジルで私に聞いてほしい」

だが、アルピーヌF1チームで再びオスカー・ピアストリが見られる可能性は排除されたようだ。伝えられるところによると、ピアストリは強制的に休暇を命じられ、シミュレーターでの作業も行っていないという。

契約の早期終了も論理的ではない。その場合、オスカー・ピアストリはアブダビでのポストシーズンテストでマクラーレンに加わることもできない。

同じくアルピーヌF1チームと契約を結んでいるフェルナンド・アロンソは、アブダビテストですでに新しいチームであるアストン マーティンでドライブする許可を与えられている。

ニック・デ・フリースはメルセデスから許可を得てアルファタウリに加入する。だが、オスカー・ピアストリは、2023 年までマクラーレンの車で走行する許可を得られないだろう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アルピーヌ / オスカー・ピアストリ