アルピーヌF1、両ドライバーがA522のアップグレードに手応え / シンガポールグランプリ
アルピーヌF1のエステバン・オコンとフェルナンド・アロンソは、2022年F1シンガポールGPに向けてA522にもたらされたアップグレードで有望な走行初日を楽しんだ。.

FP1で7番手、FP2で6番手タイムを記録したエステバン・オコンは、特に金曜日のアルピーヌのマシンのフロア周りに焦点を当てたアップデートのパフォーマンスに満足していると語った。

「良い一日だった。シンガポールの挑戦に取り組むのは楽しい」とエステバン・オコンは語った。

「マシンのパフォーマンスは良好で、アップデートを理解しようとして、できる限りうまく機能させようとしている。それは進行中だけど、これまでのところ正しい方向に進んでいる」

「今日はクルマの調子がとても良く、朝から自信を持ったていた。すぐに満足していた。かなり良かった。予選が非常に重要だ。追い抜くのは難しいからね。でも、レースは非常に長いので、それも非常に重要だ。正しい戦略を練る必要がある。それはまだ日曜日のことだけど、明日も良い一日にしたい」

より典型的な夕方のコンディションでのパフォーマンスについて質問されたエステバン・オコンは「僕たちはロングランでもショートランでも競争力があり、トップ10に入っていると思う」とコメント。

「FP1からFP2にかけて、前のトップカーに比べてパフォーマンスの面でも良い一歩を踏み出したと思う。 まだ始まったばかりだし、予選は明日だけど、今日にはかなり満足している」

チームメイトのフェルナンド・アロンソは FP1で10番手だったが、2回目のプラクティス セッションでは8番手だった。アロンソは車に自信を持っていたが、早い段階での問題によってプログラムを妨げた。

「感触はいい。ここに来るのはいつもうれしい。夜はとてもチャレンジングなサーキットだし、ドライブできてよかった」とフェルナンド・アロンソは語った。

「FP1で小さな問題が発生したため、トラックタイムを少し失ったので、FP2でラップを取り戻そうとした。僕たちのクルマはまだ少しスケジュールより遅れているけど、明日は自信を持って走れると思う」

「クルマは速く見える。まだ、セットアップを少し修正して、微調整する必要がある。ターン5、ターン7 のように非常にバンピーなコーナーがいくつかある。だから、ブレーキングにもう少し自信を持てるようにすることが今夜の最優先事項になるけど、全体として、今日には満足している」

アルピーヌは、順位表でマクラーレンに 18 ポイント差をつけているが 今週末4番目に速いチームかどうか質問されたフェルナンド・アロンソは「そうであることを願っている」とコメント。

「決定的な瞬間が来る土曜日に物事が急速に変化するので、ここで物事を予測するのは明らかに難しいけど、両方の車でQ3に進出できる良い位置にいるはずだ」

「それが目標ですが、土曜日、特に日曜日をミスなく実行しなければならないことは分かっている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アルピーヌ / F1シンガポールGP