アルピーヌF1 「コロナ禍のテレワークがシャシーとPU部門の連携を改善」
アルピーヌF1チームのエグゼクティブディレクターであるブルーノ・ファミンは、新型コロナウイルスののパンデミックによって強制されたテレワークの慣行が、チームのシャシー側とエンジン側の間のコラボレーションを改善するのに役立ったと考えている。

英国のエンストーンに拠点を置くシャシー担当チームと、フランスのヴィリー・シャティヨンにあるルノースポールのエンジン施設の統合の改善は、アルピーヌのCEOであるローラン・ロッシが掲げる目標の1つだった。

今年初めに、ローラン・ロッシは、シャシーとエンジンをさらに統合する機会があれば「潜在的に有利になる」と語った。

役割の一部としてヴィリーでルノー・スポーツF1エンジンプログラムを監督しているブレーノ・ファミンは、F1パワーユニットのパフォーマンスの相対的な改善は、より大きな統合の試みがどれほど効果的であったかという点での「概念実証」であると語る。

コラボレーションがどのように改善されたかと質問されたブルーノ・ファミンは「おそらく、新型コロナウイルスはその方法において我々の助けになった」とThe Raceに語った。

「新型コロナウイルスは、誰もが、どこでも、一緒に働く新しい方法をもたらした」

「ヴィリーで1人、エンストーンで1人の男性が働いているのと、ヴィリーで1人の男性が働いていて、ヴォリーから20km離れた自宅で1人の男性が働いているのとほぼ同じだ」
「これは新しい共同作業の方法だ。もちろん、上級管理職からも正しいサインを送る必要がある。オトマー(サフナウアー/チームプリンシパル)、パット・フライ(最高技術責任者)、マット・ハーマン(テクニカルディレクター)と一緒に、我々は完全に同じ立場にいる。我々の人材に適切なメッセージを送っている」

「2022年のエンジンと車がゲームに戻ってきたという事実は、その概念実証だ」

「全員がそれがすべてのレベルで進む方法であることを理解している。それに加えて、我々は全員に正しい信号を送っている。全員が正しい方法で働いている」

「オトマーとともに、それに失敗することはない。我々はそれが勝つ方法であることを知っており、我々は実際に全員をそのルートにプッシュしていく」

シーズンに先立ち、テクニカルディレクターのマット・ハーマンは、チームが「空力的に自分自身を表現し、車の究極のラップタイムを達成する」ことを可能にするF1パワーユニットのパッケージングについて言及した。

デザインに加えられた変更の中には、2015年にメルセデスがF1で最初に使用したスプリットターボコンセプトの採用がある。ホンダも2017年にそれを採用している。

ブルーノ・ファミンは、車体/エンジンの設計に全体論的なアプローチをとることの利点と、エンジンの適切なパッケージングの妥協がどのように競争力のある車に貢献したかについて話した。

「これは私が言っていたことの良い例であり、主にパッケージングの改善だ」とスプリットターボデザインについてブルーノ・ファミンは語った。

「それがエンストーンと一緒に行った選択のタイプだ。それだけではないが、それは車のパッケージングを改善し、より良いエアロを持ち、より低い重心を持ち、より良い車を作る一例だ」

パッケージングの改善はエンジン性能の向上と組み合わされており、ルノーは現在、フェラーリのF1パワーユニットに10馬力以内だとされている。

ブルーノ・ファミンは、これらの全体的な利益の多くが統合とコラボレーションの改善に起因していると考えており、今後も成果を挙げることを望んでいると語る。

アルピーヌF1チームは、まだミッドフィールダーだが、昨年、ローラン・ロッシはフロントランナーとして浮上するために100レースの計画を立てた。これは、アルピーヌF1チームが2024年にフロントに立つことに取り組んでいることを意味する。

「パワーが向上しただけでなく、エアロダイナミストとシャシーの担当者がより良い車を作ることができるようにシャシーを統合した」とブルーノ・ファミンは述べた。

「我々の目標は、最高のエンジンだけでなく、最高の車を作ることだ」

「エンストーンと一緒に最高の車を作ることはヴィリーでの我々の役割であり、我々はエンストーンとヴィリーの間の働き方を改善し続け、1つのチームとして働くことを本当に目指しています。

「我々はエンストーンと毎日協力しており、プッシュを維持するために適切なシグナルをチームに送信している」

「パフォーマンスの面でゲームに戻ってきたので、2022年はすでに成功していると思う」

「これは、エンストーンと連携する方法の概念実証のようなものだ。そうすれば、誰もがそのようにプッシュし続けることができる」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アルピーヌ / ルノー