アルピーヌ、2024年からLMDh車両でWECの最高峰クラスに参戦 F1プロジェクトとの相乗効果を活用
アルピーヌは、2024年からFIA 世界耐久選手権(WEC)のハイパーカークラスに2台のLMDhマシンを投入することを発表。F1プロジェクトの「すべての専門知識を活用」していくと意気込みを語った。

アルピーヌのWECへのエントリーは、オレカ製のシャシーを中心に設計され、F1エンジンを製造するルノーのヴィリー=シャティヨンで開発されたアルピーヌ製エンジンを搭載する。

アルピーヌは、2024年から4年間、WECのハイパーカークラスへの参戦にコミットしている。

ライバルメーカーのアキュラ、アウディ、BMW、キャデラック、ポルシェとともに、アルピーヌは、グローバル・プラットフォームである『LMDh』を使用する。一方、フェラーリ、プジョー、トヨタといったメーカーは、『LMH』ルールでの参戦を選択している。WECとル・マン24時間レースでは、これらすべてのエントリーがハイパーカークラスで戦う。

2024年に新車が発売される前に、アルピーヌとシグナテックはWECに参加を継続するとしている。

2013年にアルピーヌが耐久レースに復帰して以来、シグナテックとのパートナーシップにより、ヨーロピアン・ル・マン・シリーズでタイトルを獲得しており、WECでは複数のLMP2チャンピオンシップを獲得する成功を収め、ル・マン24時間レースで3回のクラス優勝を果たしている。今年のル・マン24時間レースでは、LMP1カーでハイパーカークラスに参戦して3位表彰台を獲得している。

「アルピーヌのエンデュランスプログラムは、モータースポーツにおけるブランドの献身と野心を強調している」と、アルピーヌのCEOであるローラン・ロッシは語る。

「F1とエンデュランスの両方で競争することにより、アルピーヌはモータースポーツの2つの主要分野に存在する数少ないブランドの1つになる」

「我々は、一流の相手よりも優位に立つために、技術面および技術的な相乗効果を通じてF1とエンデュランスを最大限に活用していく」

シグナテック・アルピーヌのチームプリンシパルであるフィリップ・シノーは「LMDhに参入するためにシグナテックがアルピーヌに選ばれたことは大きな誇りだ。 これは8年前に始まった共通のプロジェクトの集大成だ」とコメント。

「これまで以上に、我々は大きな野心を持っており、コラボレーションを別の次元に持っていくことをうれしく思う。モータースポーツで32年のキャリアを積んだ後、情熱を伝え、勝利のためだけに生きるブランドであるアルピーヌとともに地球上で最も権威のあるメーカーに挑戦するのが待ちきれない」

ACOのピエール・フィヨン会長は「耐久レースの新しいプレミアリーグであるハイパーカークラスに、また新たな権威あるブランドが加わった」とコメント。

「この1年間で非常に多くの発表があり、アルピーヌからの最新の発表は我々にとって素晴らしいニュースだ」

「ハイパーカーのレギュレーションは成功しており、このようなハイクオリティなグリッドが形成されていることをうれしく思う」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アルピーヌ / ル・マン24時間レース / WEC (FIA世界耐久選手権)