アルファタウリF1は2022年シーズンになぜ苦戦を強いられたのか?
アルファタウリF1は、2022年に予想以上の苦戦を強いられた。コンストラクターズ選手権9位という結果は期待されていた結果ではなかった。

振り返ってみると、シーズン開幕戦のバーレーンでピエール・ガスリーのマシンから突然発火して2周でほぼ終了したことは悲惨なシーズンの最初の兆候だった。その後シンガポールでも繰り返された火災は、レッドブル・レーシングの姉妹チームが2022年シーズン直面した多くの挫折のうちの1つに過ぎなかった。

ブレーキが最適に機能せず、ピエール・ガスリーがチャンピオンシップポイントよりも多くのペナルティポイントを獲得したこと、2023 年のドライバー探しは困難を極めた。何よりもアルファタウリAT03は、2022年ほど競争力がなかった。

テクニカルレギュレーションの抜本的な変更により、アルファタウリは構造的な一歩を踏み出すか、少なくともミッドフィールドで安定した状態を維持することに大きな期待を寄せていた。2021 年、アルファタウリは優れたピエール・ガスリーのおかげで、常にグリッドで 3番目に速いチームだった。

だが、アルファタウリは新世代F1マシンで完全に間違っていたという結論を導き出すことができる。

今年の最大の問題は車の重量でした。シーズンを通して、アルファタウリ は 12 ~ 13 キロの太りすぎで、減量することができなかった。追加の重量により、ドライバーは 1 周あたり約 0.35 秒を犠牲にした。さらに、車が重いということは、タイヤの摩耗とオーバーヒートが大きくなることを意味する。アルファタウリ のエンジニアは、車のコンセプトは基本的には問題ないと考えていたが、余分な重量が最終的にパフォーマンスを低下させた。

F1チームには、車を設計する義務がある。ただし、特定のパーツを他チームから購入することは許可されている。姉妹チームとして、アルファタウリ は レッドブル・レーシングと何年にもわたってそれを行ってきた。それは、コストが削減され、開発に投資する必要はなくなるが、パフォーマンスが犠牲になる可能性がある。アルファタウリの場合はそうだった。

購入したパーツは、レッドブル車用に設計されたものだ。これは、アルファタウリの設計に最適に適合しなかったことを意味する。さらに、レッドブルは非常に急速に開発を進める。多くの場合、アルファタウリは最後の最後になって、突然、完全に変更されたパーツを入手し、可能な限り最善を尽くして車に取り付ける必要があった。空力に関しては、これは最適とは言えない。

それは、アルファタウリが2023年にレッドブルへの依存度を減らし、より多くのパーツの生産を開始する理由でもある。

また、アルファタウリは、新車とともに、角田裕毅と新加入のニック・デ・フリースという新しいラインナップで2022年の失望を忘れたいと考えている。

新しいドライバー デュオによって、アルファタウリでのピエール・ガスリーの時代は終わりを迎える。周知のとおり、ガスリーはアルピーヌF1チームに移籍する。ガスリーにとって退団はほとんど悲しむべきものではない。ガスリーは2人のドライバーの中で最速だったが、扱いにくいアルファタウリで少し輝きを失ったようだった。いくつかのインシデントは重く罰せられた膨大な数のペナルティ ポイントもある種のフラストレーションとなった。だが、新しい環境が ガスリー に良い影響を与えることは間違いない。

アルファタウリがFIAからコルトン・ヘルタと契約するためのF1スーパーライセンスの許可を得られなかったことは、チームにとってまた別の不運の瞬間だった。だが、ニック・デ・フリースの登場によって適切な後継者が見つかったようだ。問題は、デ・フリースがすぐにチーム リーダーとしてガスリーの役割を引き継げるかどうかだ。F1バドックの反応では角田裕毅にその準備ができていない。

今のところ、アルファタウリのファクトリーからは2023年F1マシンについて期待の声が上がっている。ただ、去年の冬も同じではなかったか? アルファタウリには、もう 1 つの悲惨なシーズンを迎える余裕はない。その場合、直接のライバルとのギャップは、今後数年間で埋めることができない高さにまで成長する。チームには前途多難な2023年シーズンが待ち受けている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アルファタウリ