アルファタウリF1、ニック・デ・ブリースと2023年の契約に合意との報道
アルファタウリF1が、2023年のドライバーとしてニック・デ・フリースと契約することで合意に至ったとフランスのCanal+が報道。これにより、デ・フリースは2023年にアルファタウリで角田裕毅と組むことになり、ピエール・ガスリーがアルピーヌF1チームに移籍する道が開かれる。

ニック・デ・フリースは、F1イタリアGPのFP3の前に虫垂炎で入院したアレクサンダー・アルボンの代役として土壇場でウィリアムズでF1デビューを果たし、9位入賞という印象的なパフォーマンスで2023年のF1ドライバー候補に浮上した。

アルファタウリF1は、ピエール・ガスリーがフェルナンド アロンソの後任としてアルピーヌに加入できるように、新しいドライバーとの契約を望んでいました。

当初、アルファタウリF1は、インディカーのスター、コルトン・ハータを起用しようとしていた、F1スーパーライセンスの取得に問題があったため、現実的な選択肢ではなかった。

ニック・ド・フリースが初のF1出場に感銘を与えたことで、アルファタウリF1は2023年にデ・フリースと契約する準備が整えた。

ただし、ニック・デ・フリースとアルファタウリF1の間の合意の話は時期尚早かもしない。ヘルムート・マルコはオランダのマスコミに「交渉が進行中」であることを確認しましたが、まだ何も確定していないと語っている。

契約が成立した場合、グリッド上で来年に利用できるシートは 2つだけになる。1 つはハース、もう 1 つはウィリアムズだ。

ハースF1チームは、元ルノーで現在のアストンマーティンのリザーブドライバーであるニコ・ヒュルケンベルグに注目しており、ミック・シューマッハは2023年のF1シートから外れる可能性がある。

ニック・デ・フリースはまだドライバー市場にいる可能性が低いため、ウィリアムズはF2に参戦するローガン・サージェントがF1スーパーライセンスを確保できれば、昇進させる可能性が報じられている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アルファタウリ / ニック・デ・フリース