アルファタウリF1代表 「ルクレールはサインツよりコンマ秒速い」
カルロス・サインツJr.は、すべてがうまくいけばフェラーリのチームメイトであるシャルル・ルクレールと「互角に戦える」と語っているが、スクーデリア・アルファタウリのF1チーム代表を務めるフランツ・トストは、純粋なペースではルクレールが優位に立っていると語る。

27歳のカルロス・サインツJr.は、シーズン前半にシャルル・ルクレールを下回っていたが、夏の間に徐々にゲームを上げ、決勝ではルクレールと同等のパフォーマンスを発揮し、イギリスグランプリでF1初優勝も果たした。

しかし、シーズン前半のチームメイトに対するシャルル・ルクレールの予選ペースは、明らかにフランツ・トストの主張を裏付けている。
トロ・ロッソ時代にF1でのカルロス・サインツJr.の形成期を監督したことで、フランツ・トストはサインツのパフォーマンスを評価するのに適した立場にある。

「カルロスは才能があり、非常に勤勉だ」とフランツ・トストはF1-Inside に語った。

「彼はフェラーリで非常に良いパフォーマンスを見せており、すべてがうまくいけばルクレールと互角に戦えるだろう」

「しかし、基本的なスピードに関しては、ルクレールの方がコンマ2秒速い」

シャルル・ルクレールとカルロス・サインツJr.は、互いのトラック パフォーマンスを超えて、トラックの内外で友好的な関係を楽しんでいる。両方のドライバーともに非常に競争力があるが、これまでのところ、彼らの生産的なコラボレーションはスクーデリア・フェラーリに利益をもたらしています.

「シャルルはフリー走行から予選まで、常に非常に良いラップをしている。そして、今年はレースでも非常に良いペースを見せている」とカルロス・サインツJr.は語った。

「彼は常にチームの優れたリファレンスであり、うまくやっている素晴らしい人でもある。彼は僕がここ数年で本当に多くのことを学んだ人であり、今後もチームメイトとして維持したい人でもある」

「僕たちはうまくやっているし、良いパートナーシップを築いている。マラネッロとトラックの両方で多くの時間を一緒に過ごしているけど、多くのことについて非常に似た意見を持っている」

「それ以外に、楽しむ時が来たら、僕たちは楽しむこともできるし、スポーツをすることもできる」

「すべてが深刻なわけではなく、チームも僕たちの関係に依存している。物事が簡単になるので、このように続けられることを願っている」

スクーデリア・フェラーリ

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アルファタウリ / フェラーリ / カルロス・サインツJr. / シャルル・ルクレール