アルファタウリF1代表 「ベッテルはF1王者になるとすぐに確信した」
スクーデリア・アルファタウリのF1チーム代表を務めるフランツ・トストは、2007年にセバスチャン・ベッテルがトロ ロッソに加入してすぐに“物凄いドライバー”になることがわかったと語る。

F1ハンガリーGPに先立ち、4回のF1ワールドチャンピオンであるセバスチャン・ベッテルは、2020年シーズン限りでF1から引退することを発表した。

フランツ・トストは、ベッテルが 2007年にチームに加わったとき、トロ ロッソ (現在のアルファタウリ) のチーム プリンシパルであり、2008年に雨のモンツァで開催されたF1イタリアGPでのベッテルの最初のセンセーショナルな勝利を監督した。

フランツ・トストは、当時BMWザウバーに所属していたドライバーがF1ワールドチャンピオンになることは常に分かっていたと語る。

「彼が尋ねてきた質問は、若いドライバーにしては本当に良いものだった。彼の大きなアドバンテージは、まず何よりも彼が F1や当時のモータースポーツ全般に100% コミットしていたことだった。それはBMWだけでなく、F3や他のカテゴリーでもそうだった」とフランツ・トストは語った。

「そして、F1で彼が私たちのところに来たとき、彼は新鮮な血、新しいアイデアをもたらした。彼は非常に要求が厳しく、多くの質問をしてきた。彼は詳細にまで踏み込んだ。これは非常に重要なことだ。彼はいつも上機嫌だった。序盤はクルマに問題があったが、彼はチームを前進させ、その結果、当時のスクーデリア・トロ ロッソと共にモンツァで優勝した」

「それは彼の最初のレース勝利であり、スクーデリア・トロ ロッソにとって最初のレース勝利だった。そして、彼の働き方は、彼が物凄いドライバーになることは明らかだった。 そして、彼は4つの世界選手権で優勝した」

「だが、彼が適切なタイミングで適切なチームと組めば、彼はF1でワールドチャンピオンになれると確信していた。レッドブル・レーシングがそのケースであり、その後フェラーリで彼は非常に成功した。スクーデリア・フェラーリでも多くレースで多くの勝利を収めた」

セバスチャン・ベッテル F1初勝利

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アルファタウリ / トロロッソ / セバスチャン・ベッテル