アルファタウリF1 「角田裕毅は2年目に大きな一歩を踏み出した」
スクーデリア・アルファタウリの車両性能責任者ギヨーム・デゾトゥーは、角田裕毅がF1での2年目のシーズンを迎えた今季、チームメイトのピエール・ガスリーをプッシュできていることに喜びを表明し、「大きな前進」を遂げたと語る。

角田裕毅は、2022年シーズンに順調なスタートを切っており、現在、ドライバーズチャンピオンシップで15位(11ポイント)で、チームメイトのピエール・ガスリーに5ポイント差をつけている。昨年の同じ時点で、ルーキーシーズンの角田裕毅は9ポイント、ガスリーは40ポイントだった。

角田裕毅が今シーズン改善したと思われるエリアについて、ギヨーム・デゾトゥーは「裕毅は昨年に比べて大きな一歩を踏み出した。彼はより多くの経験を積み、トラックを知り、エンジニアとメカニックを知っているので、関係は絶えず改善されている」と語った。

「若いドライバーにとっては非常に困難でチャレンジングなチャンピオンシップだと思う。テストの機会はほとんどない。冬のテストは非常に忙しく、純粋に車について理解するための目標がたくさんあるため、ドライバーに時間を割いて車について学ばせるのは困難だ」

「これはルーキードライバーがトラックと車を発見することで少し快適になると思う。彼は昨年から多くのことを積み上げてきているのは確かであり、今ではより一貫性を保つことができ、フィードバックは大幅に改善され、エンジニアは彼を速くするのに何が必要があるかを理解している。そして、彼はピエールに近づいている。それはピエールもプッシュするので非常にポジティブなことであり、今の状況には本当に満足している」

昨年、スクーデリア・アルファタウリは、シルバーストンに向けてコンストラクターズチャンピオンシップで48ポイントで5位にいたが、今シーズンは27ポイントで7位にいる。

しかし、ギヨーム・デゾトゥーは、スクーデリア・アルファタウリがポイントの合計が示唆するよりも優れた車を持っていると信じており、「不運」と「ミス」の組み合わせがシーズンの「難しい」スタートの背後にある要因になっていると主張する。

「シーズンのスタートは難しいものだった」とギヨーム・デゾトゥーは語った。

「車のペースは、これまでのポイントよりも間違いなく価値がある。今シーズンの最初の3レースでは、かなりの不運があった。レースでほぼ毎回ピットストップ直後にセーフティカーが出ると、できることはあまりない」

「イモラでは、強い週末を過ごしたし、マイアミでもそうだった。多くのミスがあったが、一般的には競争力があった。バルセロナはチャレンジングだった。路面コンディション、非常に暑い路面温度は、我々のパッケージにはあまり適さなかったし、そこは改善する必要がある」

「モナコ以来...車は曲がりくねった低速コーナーで優れたパフォーマンスを示し、非常に優れたメカニカルグリップを備えている。我々は車を快適にする方法を見つけた」

角田裕毅 F1 スクーデリア・アルファタウリ

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アルファタウリ / 角田裕毅