アルファタウリF1 「ミッドフィールドでの戦いにおいて地位を失った」 / カナダグランプリ 決勝
スクーデリア・アルファタウリのテクニカルディレクターを務めるジョディ・エギントンが、2022年F1第9戦カナダグランプリの決勝を振り返った。

スクーデリア・アルファタウリは、最後尾からスタートした角田裕毅はクラッシュリタイア。誰よりも先にピットストップを行う奇策が機能しなかったピエール・ガスリーは14位とF1カナダグランプリをノーポイントで終えた。

「シンプルに、今日は我々にとって残念なレースになってしまった」とジョディ・エギントンはコメント。

「PUの変更により最後尾からのスタートとなった裕毅は、レース前半に強いスティントで入り、タイヤも上手くマネージメントしていた。ポイント圏内を狙える位置まで順位を上げたが、残念ながら、2回目のピットストップを終えてコースに出た直後に、レース終了となってしまった」

「ピエールはクリーンエアーで走行するために、かなり早いタイミングで1回目のピットストップを行った。しかし、周りのマシンとのフェーズがズレてしまい、さらにバーチャル・セーフティカーも上手く活かすことができなかった。この結果、彼のレースはより厳しいものとなってしまった。最初のハードタイヤのバランスも良いとは言えず、今日はポイント圏内に入るための十分な過程を踏めなかった」

「今日の結果は、ミッドフィールドの戦いおいて、ある程度の地位を失ったと感じている。取り戻すには次のレースで力強く復活しなければならない」

スクーデリア・アルファタウリ F1 カナダグランプリ

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アルファタウリ / F1カナダGP