アルファタウリF1代表 「ピエール・ガスリーは2023年もチームに残留する」
スクーデリア・アルファタウリのF1チーム代表を務めるフランツ・トストは、2023年にピエール・ガスリーがチームでドライブすることを確認し、将来に関する憶測に終止符を打った。

ピエール・ガスリーは、2019年にレッドブル・レーシングに所属した12レースを除くすべての期間をアルファタウリ(トロロッソ)に在籍している。

ファエンツァのチームに戻って以降、印象的なパフォーマンスを示していたピエール・ガスリーだったが、レッドブル・レーシングは2024年までセルジオ・ペレスと新しい契約を結んだことで、レッドブル・レーシングに復帰するという希望は打ち砕かれた。

ピエール・ガスリーは、セルジオ・ペレスの契約延長を“論理的”と呼んでいるが、レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーであるヘルムート・マルコと将来について話し合う予定であることを明らかにし、来シーズンはレッドブル・ファミリーを離れて新たなF1キャリアをスタートする可能性があるとの憶測に繋がった。

しかし、F1カナダグランプリの土曜日のアクションに先立って、フランツ・トストは、ピエール・ガスリーが2023年シーズンもスクーデリア・アルファタウリのステアリングを握ることが「100%確認された」と語った。

「彼(ガスリー)は、2023年にスクーデリア・アルファタウリのドライバーでいるだろう」とフランツ・トストは語った。

「それは100%確認されている・・・彼は有効な契約を結んでいる。これ以上言うことは何もない」

ピエール・ガスリーは、先週末のバクーでのレースで5位フィニッシュを果たした。これはガスリーにとってオーストラリアGP以来のトップ10フィニッシュとなった。

しかし、フランツ・トストは、今シーズンのポイント不足は信頼性の問題によるものだと信じており、スクーデリア・アルファタウリがピエール・ガスリーにグリッドの最前線に近づくために車を与えるためにより良い仕事をしなければならないと語った。

「ピエールも大幅に改善している。彼は素晴らしいパフォーマンスを見せていると言わざるを得ない」とフランツ・トストは語った。

「残念ながら、シーズンの初めに、たとえばバーレーンでバッテリーが発火したときなど、信頼性の問題がたくさんあった。その他の信頼性の問題もあった。それは彼のせいではなく、チームから来ていた」

「そして、少なくともバクーでは、彼がどれほど優れているかを示すことができて本当にうれしく思う。ピエールは上位を争う実力の持ち主であり、彼に本当に良い競争力のある車を与えるのはチームの手に委ねられている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アルファタウリ / ピエール・ガスリー