アルファタウリF1代表 「2022年は予算上限で最も困難なシーズンになる」
アルファタウリF1のチーム代表を務めるフランツ・トストは、2022年は予選上限のレベルまで支出することになり、管理するのが複雑な状況に陥る可能性があると語る。

2021年のF1世界選手権、F1チームは1億4500万ドルという予算上限で運営された最初のシーズンだった。上限は2022年には1億4000万ドルまで下げられる。

アルファタウリF1は、2021年に予算上限を超えることはなかったが、2022年は親チームであるレッドブルから購入が必要なパーツにより、上限に達する可能性がある。

2022年の新しいレギュレーションにより、F1マシンの外観は一新される。アルファタウリF1の2022年F1マシン『AT03』では、レッドブル・テクノロジーのパーツを合法的に可能な限り多く使用することになる。それには費用がかかり、アルファタウリF1は予算上限に達することになる。

フランツ・トストは、すべての支出を絶えず注意しなければならない課題に直面すると考えている。

「今年は、予算上限に関する限り、我々にとって最も難しい年になると思う」とフランツ・トストはAutosprintに語った。

「2021年には予算上限をはるかに下回り、問題はなかったが、2022年には上限が1億4000万ドルになり、レッドブル・テクノロジーから新しい部品を購入すると上限に達する」

「したがって、その状況は我々を困難にする可能性があるので、我々は最初から非常にうまく計算をしなければならないだろう」

ただし、アルファタウリF1と他のすべてのチームは、最終的に1億4000万ドルに固執する必要はないかもしれない。

1シーズンで21戦以上のグランプリが開催された場合、1ラウンドごとに追加の120万ドルが許可される。したがって、23戦が計画されている2022年には、追加で240万ドルの手当てを受けることになる。

また、スプリントレースの週末にはF1チームごとに30万ドルが追加される。2022年に6回のスプリント予選が予定されている。また、スプリント予選中にマシンをリタイアさせたクラッシュダメージを修復するために追加の10万ドルを追加できる。

したがって、アルファタウリF1が、実際に新しい1億4000万ドルの制限に懸念を抱いているとしても、それをわずかに超えられる可能性がある。

だが、新型コロナウイルスは再び世界中で猛威を振るっており、計画されている23のレースのうち2つがキャンセルされるもあるため、それを頼りにするのは賢明なアプローチではありません。

また、2戦以外が中止になる可能性も除外できない。カレンダーが21戦を下回ると、逆に上限から120万ドルが差し引かれることになる。したがって、フランツ・トストが主張するようにアルファタウリF1が支出に細心の注意を払うことが不可欠となる。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アルファタウリ / ホンダF1