アルファタウリF1代表 「ピエール・ガスリーはまだピークに達していない」
アルファタウリF1のチーム代表を務めるフランツ・トストは、ピエール・ガスリーが2021年シーズンの過程でチームに与えた影響と改善を称賛した。

ピエール・ガスリーは、F1グリッドで最も人気のあるドライバーの一人であり、2019年シーズン途中にレッドブル・レーシングから姉妹チームのトロロッソ(現アルファタウリ)に降格した後も、チームリーダーの役割で優れた仕事をしている。

それ以外、ピエール・ガスリーは、2019年のF1ブラジルGPで2位表彰台、2020年のF1イタリアGPで優勝、そして、昨シーズンはF1アゼルバイジャンGPで3位表彰台を獲得する。レッドブル・レーシングに復帰してマックス・フェルスタッペンとチームを組む可能性は断たれており、上位チームが獲得する可能性をさらに高めている。

過去数シーズンのピエール・ガスリーの傑出したパフォーマンスと一貫した結果を考えれば、すでにドライバーとして完成していると考えるかもしれないが、現在のボスであるフランツ・トストは、25歳のガスリーはまだドライバーとしてはピークに達していないと信じている。

「彼には素晴らしいポテンシャルがある」とフランツ・トストはGPFansに語った。

「重要なのは、私は彼がまだ改善できると感じていることだ。このレベルにいる場合、それは決定的だ。来年、彼に競争力のあるマシンを提供すれば、彼は100パーセントそこにいるだろう」

さらにフランツ・トストは、ピエール・ガスリーが2021年シーズンを通じて改善したと感じている多くの分野を明らかにし、現在ガスリーの兵器庫に持っている多くの武器を紹介した。

「ドライビングから、マシンのセットアップ方法、タイヤの管理方法まで彼は今、経験を持っている。彼はレースを読むことができる。それは非常に重要だ。今年はさらに大きな前進、本当に大きな前進を遂げた」

「改めて言うが、我々のマシンが2022年に機能すれば、彼はそこにいるだろう」

ピエール・ガスリーは、2021年に15回の入賞を果たし、そのうちの9回がトップ6以内という好成績を収め、F1キャリアで最多となる合計110ポイントを獲得した。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アルファタウリ / ホンダF1 / ピエール・ガスリー