アルファタウリF1代表 「リアム・ローソンには明るい未来がある」
アルファタウリF1のチーム代表を務めるフランツ・トストは、ヤングドライバーテストでF1マシンでの初走行を行ったリアム・ローソンを高く評価している。

19歳のリアム・ローソンは、アブダビF1テスト1日目にヤス・マリーナ・サーキットでアルファタウリ・ホンダのF1マシンで125周を周回し、メルセデスのF1マシンを走らせたニック・デ・ブリースに次ぐ、2番手タイムでセッションを終えた。

リアム・ローソンは、F1マシンでの走行は子供の頃からの夢だったと語った。

「なんて日だ。このマシンの信じられないような速さは本当に驚くほど素晴らしい」とリアム・ローソンは語った。

「もちろん、事前にシミュレーターで運転していた。シミュレーターに乗っているときは、いつも本物のマシンはいくらなんでも実際にそんなに速いことはないと思っていたけど、本当にそうだった」

「初めてガレージから出ていくときは間違いなく緊張していた。見せないようにしたが、緊張していたのは確かだ」

「フルスロットルになるまで少し時間がかかったけど、フルスロットルになったときは『なんて大きなパワーだ!』と思った」

「最大の違いはダウンフォースだ。僕が慣れているものよりもはるかに多くのものがある。今日は本当にマシンから降りたくなかった。F1を初めて味わうことができて本当に良かった」

リアム・ローソンは、今年ハイテックGPからFIA-F2に参戦し、シーズンのオープニングスプリントレースで優勝した後、ランキング9位でシーズンを終えている。

ヤス・マリーナ・サーキットでのロアム・ローソンのパフォーマンスは、アルファタウリ・ホンダF1の上層部の評判を害することはなかったようだ。

「彼は非常に良い仕事をし、問題なく125周を終え、ラップタイムは非常に競争力があったと言わなければならない」とアルファタウリ・ホンダF1のチーム代表を務めるフランツ・トストは語った。

「彼は一日中良いフィードバックを与えていた。我々は彼と一緒にさまざまなセットアップを実行し、非常に多くの強力なデータを収集した」

「これは、マシンの全般的な理解をさらに深めるのに役立つ。来年は新しいマシンになるが、それでも、今日収集されたすべてのデータは2022年に役立つ。今日、リアムは本当に素晴らしい仕事をしてくれた」

アルファタウリ・ホンダF1のチーフレースエンジニアであるジョナサン・エドルズは、リアム・ローソンがどれだけ早くスピードを上げたかに感銘を受けたと語る。

「タイヤはF1の重要な部分であり、特にレーススティントだけでなく、1回のタイムドラップでもタイヤを管理するため、我々はリアムをさまざまなタイヤステータス、走行タイプ、燃料負荷で走らせた」とジョナサン・エドルズは述べた。

「一日の終わりまでに、彼は最適なラップタイムを達成するために温度を管理および操作することができた」

「彼と一緒に仕事をすることは喜びだった。この短い仕事上の関係から、彼には大きなポテンシャルがあり、モータースポーツで非常に明るい未来があることがすでにわかった」

2021年のF1コンストラクターズチャンピオンシップを6位で終わったアルファタウリは、2022年もピエール・ガスリーと角田裕毅のドライバーラインナップを継続する。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アルファタウリ / レッドブル