アルファタウリ・ホンダF1 「ソフトタイヤの攻略が鍵を握る」 / F1ポルトガルGP 金曜フリー走行
アルファタウリ・ホンダF1のチーフレースエンジニアを務めるジョナサン・エドルズが、2021年のF1世界選手権 第3戦 F1ポルトガルGP初日の作業を振り返った。

過去2戦ではプラクティスから競争力を見せていたアルファタウリ・ホンダF1だが、アルガルベ・サーキットではソフトを機能させることができておらず、ピエール・ガスリーが11番手、角田裕毅が14番手で初日のセッションを終えた。

「我々が期待していたほど、あるいは習慣化していたほど成功した金曜日ではなかった。」とジョナサン・エドルズは語る。

「P1では、ミディアムとハードのコンパウンドに焦点を当てることに加え、ピエール(ガスリー)のマシンで空力テストに取り組んだ。ユウキはこれまでここで走ったことがないので、午前中のセッションでトラックを学んだ。そのセッションでのマシンとパフォーマンスには比較的満足している」

「同じようにミディアムでスタートしたFP2では、マシンのペースにかなり満足していた。その後、ソフトタイヤに履き替えたが、我々にとっては問題だった。思うようにマシンのペースを引き出せなかった。ここのコンディションは風がとても強くてチャレンジングだ。ほとんどのコーナーでは追い風、スタートとフィニッシュのストレートでは向かい風と、ドライバーにとっては簡単ではない」

「今夜は、ソフトで苦戦している理由を理解するために、やるべきことがたくさんある。それが明日に向けての鍵になると思う」

関連:F1ポルトガルGP フリー走行2回目:ルイス・ハミルトンがトップタイム

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アルファタウリ / ホンダF1 / F1ポルトガルGP