アルファタウリ・ホンダF1代表、角田裕毅のフリー走行出走を示唆
アルファタウリ・ホンダF1のチーム代表を務めるフランツ・トストは、2020年シーズン中のフリー走行1回目に角田裕毅を走らせる計画があることを示唆した。

ホンダF1の育成ドライバーである角田裕毅は、2021年にアルファタウリ・ホンダでのF1デビューが期待されており、すでに最終戦F1アブダビGP後に行われる若手ドライバーテストにアルファタウリ・ホンダから参加することが計画されている。

また、F1エミリア・ロマーニャGPの後にフリー走行に出走するために必要なF1スーパーライセンスの条件を満たすためにイモラで2018年のトロロッソ STR13で300kmのテストを実施することが発表されている。

現在、角田裕毅はFIA-F2でランキング3位に位置しており、バーレーンでの2大会を終えてランキング6位以内に入っていれば、F1スーパーライセンスを取得することができる。

角田裕毅がバーレーン大会に集中しなければならないことを考えれば、タイミング的にF1トルコGPのフリー走行1回目が論理的な機会となるが、その場合、レギュラードライバーの一人がトラックでの経験を失うことを意味する。そのため、F1アブダビGPも出走の候補として考えられている。

以前、レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、以前、F1トルコGPまでに2021年のドライバーラインナップを確定させたいと語っており、最近では2021年に角田裕毅をアルファタウリ・ホンダF1のドライバーに起用することが「計画されている」と語っている。

しかし、アルファタウリ・ホンダF1のチーム代表を務めるフランツ・トストは、まだ2021年に誰がドライバーを務めるかの決定は行われていないと主張する。

「来年のドライバーラインナップはまだ決まっていない」とフランツ・トストは語った。

「角田裕毅とのプログラムは次のとおりだ。先週、イモラでのレース後に300kmのテストを行うため、彼をファクトリーに迎えてシートを作った」

「彼は一度はFP1で走るだろうが、これはまだ決まっていない。それに彼にはバーレーンでさらに2つのレースがあり、F1スーパーライセンスに関して、彼がF2チャンピオンシップをどノ一で終えるかを見ていくことにある」

「彼はアブダビの若手ドライバーテストを行い、その語、レッドブルは2021年に誰がスクーデリア・アルファタウリのドライバーラインナップとなるかを決定するだろう」

必然的に、角田裕毅がレースシートにを獲得した場合、ダニール・クビアトが放出されるという強い憶測がある。

ダニール・クビアトは「これまでのところ、その件について多くの最新情報は入手していないと言っておこう」と述べた。

「今シーズンは残り6戦だとわかっている。残り6戦でベストを尽くす。それが今の僕にできる最高のことだ」

「状況はわかっているし、とても簡単だ。もちろん、空席はそれほど多くないけど、僕サイトとしてやれることは、残りのレースで最善を尽くすことだけだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アルファタウリ / ホンダF1 / 角田裕毅