アルファタウリ・ホンダF1 「シーズン開始を楽観視はできない」
アルファタウリ・ホンダF1のチーム代表を務めるフランツ・トストは、2020年の最初のレースを開催するための動きが進んでいるにも関わらず、楽観視はできないと感じている。

レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、オーストラリア当局が7月にレッドブル・リンクでF1オーストリアGPを開催するという計画を承認する可能性は“非常に高い”と語っている。

また、シルバーストーンも夏にレースを開催したいと考えているが、同サーキットの責任者であるスチュアート・プリングルは、最終的には決断するのは政府だと認めている。

スチュアート・プリングルは「我々は今後10日間で政府と再び取り掛かり、どのよな計画になるかという詳細を彼らに与える必要がある」と語った。

だが、新型コロナウイルスの感染拡大を防止するためのロックダウンは世界中で緩和の兆しを見せてはおらず、アルファタウリ・ホンダF1のチーム代表であるフランツ・トストは、F1の計画がうまくいくとは確信できていないと語る。

「物流的にF1は舵を取るのが難しい大きな船だ」とフランツ・トストは Speed Week に語った。

「現時点ではあまりに不確実なことがあり、回答よりも疑問の方が多い。まず何より、我々は個々の政府がどのような決定するかわからない」

「スポーツにお再開がどのように見えるかをざっくりと概説することはできるが、最終的にすべてを解決することができるかどうかはわからない」

例えば、ヘルムート・マルコは、F1は最初のレースのために新型コロナウイルスの検査を行う必要があると認めている。

だが、フランツ・トストは「今は様々なテストがたくさんあるので、それらのテストには注意する必要がある」と語る。

「我々は政府の決定に依存しており、非常に多くの個別の要因がすべて役割を果たしので、全体の状況は非常に複雑だ」

「もちろん、FIAとFOMはできるだけ早く開始したと思っているが、それは望ましいシナリオにすぎないことを知っておく必要がある」

「政府がより多くの自由を許すような状況に発展したという点で、おそらくオーストリアは幸運だろう。だが、イギリスでは逆のことが起こり得る。我々にはわからない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アルファタウリ / ホンダF1