アルファタウリ × ホンダF1、3年目のパートナーシップで深まる絆
新生アルファタウリ・ホンダが新車発表会を開催。チームとホンダF1との3年目のコラボレーションから生まれた2020年F1マシン『AT01』に両陣営は期待を高めている。

2月14日(金)、オーストリア・ザルツブルグのハンガー7でアルファタウリ・ホンダの2020年F1マシン『AT01』が発表された。新たにネイビー×ホワイトのマット塗装が施されたAT01は非常にクールであり、サイドポンツーンには赤で『HONDA』のロゴがアクセントとなっている。トロロッソ時代のカラーリングを名残惜しんでいたファンにも新カラーリングは好評だ。

アルファタウリは、レッドブルが展開する衣料ブランド。発表会の前半ではアルファタウリのファッションショーも行わた。チーム代表のフランツ・トストは、単にアルファタウリというブランドの認知を高めるだけでなく、同社との“パートナーシップ”はチームのパフォーマンスを改善させる上でも重要なものだと語る。

「アルファタウリはレッドブルが設した独立型の高級ファッションブランドであり、ファッションと機能を交差させる衣料産業の新しい方法を確立している。考え抜かれたデザインと高級素材をテキスタイルの革新と融合している」とフランツ・トストはアルファタウリについて説明する。

「スクーデリア・アルファタウリは、素晴らしい気分になるための重要なサポーターを獲得した。仕事をしながら、スクーデリア・アルファタウリのチームウェアで身なりを整えることもできる。同じ野望を共有し、共に成長したいと考えている」

「名前の変更は、レーストラックでのF1チームとしての運営方法やファエンツァとビスターの施設に影響を与えない。しかし、外の世界に我々自身をどのように提示するかという点で非常に大きな変化だ。両当事者にとって有益な新しい長期的なパートナーシップを示す新しい名前と新しい色(ホワイトとネイビーブルー)となる。新しいチームウェアは、すべてのチームメンバーが最高のパフォーマンスを発揮することに役立ち、幅広い目的のある衣類のおかげで世界中のすべての気象条件で快適に過ごすことができる」

昨年、チームは2回の表彰台を獲得してコンストラクターズ選手権6位を獲得。2008年以来のベストリザルトを記録した。

「結果という点で、レッドブルが2005年にスクーデリア・トロロッソを設立するためにミナルディを買収して以来、我々のチームは今日のパフォーマンスレベルに到達するために多くを発展を遂げた」とフランツ・トストは語る。

「2019年には2つの表彰台を獲得し、コンストラクターズ選手権で6位に入賞した。2008年以来最高の1年であり、最高のシーズンだった。我々はその成果に満足しているが、今ではさらに多くを切望している。我々は技術面とレース週末の管理方法において素晴らしい進歩を遂げており、それを基にさらに改善するつもりだ」

「2020年は、2021年の新しいレギュレーションのために2つのマシンコンセプトを開発する必要があるため、すべてのチームにとって特別な課題になる。リソースと人員という点で、我々のような小規模なチームは今年のマシンであるAT01の開発を進めつつ、2021年のための後継機の開発との適切なバランスを見つけるという複雑なタスクに直面することになる。特にマシンの設計に適用される技術規則に関しては抜本的な変化を遂げることになり、F1の新しい時代の到来を告げる年となる。だからといって、それが、ミスを可能な限り回避し、このようなタイトなミッドフィールドパックで出現する可能性のあるチャンスを掴むために、すべてのレースであらゆる詳細を調べるという大きなタスクから私たちの注意をそらして良い訳ではない」

アルファタウリ・ホンダ AT01には、昨年3勝を挙げたレッドブル・ホンダ RB15から多数のパーツが流用される。

「ミルトン・キーンズのレッドブル・テクノロジーと緊密に協力を続けていく」とフランツ・トストは認める

「彼らは2020年に完全な油圧システム、フロントおよびリアサスペンション、ギアボックスを提供する。昨年この協力は本当にうまくいった。エンジニアリングのレベルが非常に高く、提供された部品が信頼性を高めたためだ。シナジープログラムのおかげで、ファエンツァとバイチェスターの技術者は、それらの部分の詳細により集中でき、実際に違いを生み、パフォーマンスを向上させることができる。他チームと共有できるコンポーネントの数に関する競技規則のわずかな変更により、一部の部品、たとえば昨年共有できたブレーキダクトは、現在社内で製造する必要がある。それらの設計と製造には、ファエンツァとバイチェスターの両方でのより多くの作業が含まれている。我々の技術グループは引き続き改善し、優れた信頼性の高いマシンをドライバーに届けられるると確信している」

「チームにとって継続性は重要であり、ドライバー面でもその恩恵を受けている。ピエール・ガスリーとダニール・クビアトが再びコックピットに乗り込む。実際、昨年末までにダニールは他のどのドライバーよりもこのチームで多くのレースをドライブしており、我々のデュオはチーム史上最も経験豊富なドライバーであり、両方のドライバーが速いことを証明し、戦いの精神を示し、このスポーツで何ができるかを世界に見せたいと熱望している。なので、新しい名前だが、同じチームであり、今シーズン、さらなるアクションを楽しみにしている!」

アルファタウリのテクニカルディレクターを務めるジョディ・エジントンはマシン開発についてより詳しく説明する。

「我々の初めてのアルファタウリのマシンは2019年マシンであるSTR14の強力な進化と言える。それは、2020年の技術規制への変更が非常に小さいためだ。したがって、大規模な再考を必要とする根本的なものは何もなかった。PUのパッケージングング、サスペンションのパッケージング、システム、それらすべてを統合し、マシンを次のレベルに引き上げ、空力の自由度を最大限に高めることに焦点が置かれた」とジョディ・エジントンは語る。

「PUのパッケージに関しては、ホンダと一緒に3年目を迎えるので継続性が鍵ととなる。1年目にともに成功を収めた後、2年目にはすでに明らかに多くの実を結んでいた。この3年目はそれをさらに一歩進める機会を与えてくれる。彼らとの関係により、実際にシャシーパッケージへのPUの統合を最大化する機会がある。我々はただPUを与えられるだけでなく、できる限り最高の状態でマウントする必要がある。我々はホンダおよびレッドブル・テクノロジーと協力して、すべてが可能な限り統合されるようにしている」

「我々が本当に注力しているエリアは、PUやその他のメカニカルアイテムをシャシーにさらに統合させることだ。その背後にある理由は、シーズン中にコストをかけてパフォーマンスを向上させないアップデートを投入することなく、空力開発者に自由を与えるためだ。したがって、主な焦点はできる限りタイトにパッケージ化することだった。それは大きなプッシュだった。我々はマシンをより実用的なものにするためにいくつかの方法で試みたが、全体としてすべてが非常にとてもタイトなため、マシンを修理可能にするためにいくつかのスマートなソリューションを考え出さなければならなかった」

「2019年のレッドブルのリアエンドをシャシーパッケージに適合させる必要があったが、新しい部品であっても他チームから継承するものであっても、それは毎年のゲームの一部だ。細かい部分だが、PUパッケージに変更が加えられたため、再ホモロゲーションが必要だった。だが、すべての意図と目的は同じだ。インボードフロントサスペンションとアップライトも昨年のレッドブルのものであり、サスペンションメンバーと関連ブラケットはアルファタウリの設計・製造部品だ。それに関連する油圧装置やその他の部品もレッドブルから来ている。2020年の規制に対する小さな変更の1つはブレーキダクトに関するものだ。フロントとリアのブレーキダクトはリスト化された部品として分類されるようになったため、これらは2020年のアルファタウリの設計および製造部品だ」

「12か月前、我々が設定した目標の1つは、シーズン後半に競争力レベルを維持することだった。実際、我々は2019年後半に競争力を高めた。それは空力とPUのアップデートの組み合わせによるものだ。それは重要なステップだった。我々は年間を通じて一貫してマシンを改善できることを証明した。このマシンでも同じアプローチを取る。ただし、今年は2021年のレギュレーションにも目を向ける必要があるため、STR14とまったく同じ方法でAT01を開発することはないが、そこが課題だ。重点を置くべき主なものは空力開発だ。タイヤは一定であるため、空力が2020年の戦場だ」

「今シーズンを予測するのは時期尚早だ。しかし、ドライバーに関して言えば、グランプリをこなした数という点でこれまでの2台のマシンで最も経験豊富なラインナップが揃っている。それは非常にポジティブなことだ。ほぼ同じエンジニアリングチームがいる。いくつかの小さな変更があるが、計画されていないものはない」

ホンダF1のテクニカルディレクターを務める田辺豊治も、チームとの3年目を楽しみにしていると語る。マクラーレンとの決別の後、ホンダF1はトロロッソとすぐに良好な関係を築き上げ、昨年のトロロッソ、そして、レッドブルの好成績へとつながった。

「2020年はこのチームとの3年連続のシーズンになりますし、とても楽しみにしています」と田辺豊治は語った。

「2017年の冬に我々が初めて共同作業を始めて以来、ホンダにいたすべての人にとって、我々とすべてを共有することを望んでくれる組織であることは明らかでしたし、日本の働き方を理解しようとさえくれました。真のパートナーシップであり、2018年シーズンからまさに成果をもたらし始めました。昨年、トロロッソとしての最終シーズンでは、10年以上にわたる最高の結果を残しましたし、ドイツとブラジルで3位と2位はそれぞれハイライトでした」

「これらの結果は、シャシー、空力、PU側の改善のおかげです。しかし、素晴らしい仕事上の関係にも多くの責任があります。すべての問題が学びの機会であり、すべての成功が我々の間で共有されています。レッドブルテクノロジーによってリンクされた同じファミリーの一員であるため、開発のスピードを上げることができましたし、それが今シーズンにも引き継がれます。当然のことながが、PUからさらにパワーを引き出すために非常に懸命に取り組んでいます。もちろん、パワーは信頼性なしでは成り立ちません。今年は、22レースからなるF1史上最長のカレンダーになるのでさらに挑戦的です」

「PUに関連する技術規制は昨年からほとんど変わっていません。したがって、2019年に4台すべてのクルマで得た経験に基づいて進歩を遂げることができました。どのスポーツでも、パフォーマンスはライバルのパフォーマンスとの関係でのみ判断できるため、レースを開始するまで我々がどれだけ成功できるかを予測することは不可能です」

「新しい名前のスクーデリア・アルファタウリが大きな関心を集めることは間違いありませんが、その背後では過去2年間にわたって我々に貢献してきた同じ戦いの精神を誰もが共有していることをわかっています」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アルファタウリ / ホンダF1